成果報告書詳細
管理番号20100000001746
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A09001a 蛍光消光現象を利用した革新的な遺伝子定量技術の開発と微生物産業利用における安全性評価・リスク管理への応用 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2006 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所野田尚宏
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約等温遺伝子増幅法の一つであるHelicase-dependent amplification (HDA)法とABC法を組み合わせた遺伝子定量法ABC-HDA法を環境中の感染性因子の検出・定量に適用した。対象としたのはノロウイルス、クリプトスポリジウム・ジアルジアの3種類である。様々な条件検討の結果、ABC-HDA法によりノロウイルスを検出・定量することが可能なアッセイ系の構築に成功した。ABC法の蛍光プローブに関するコストの低減化を目指して、ジョイントDNAという新しい概念のプローブをABC法に導入した。その結果、1種類の蛍光プローブと標的遺伝子配列に応じたジョイントDNAを組み合わせることで蛍光プローブ配列の一元化に成功した。
英文要約Alternately Binding probe Competitive PCR (ABC-HDA) method was used to quantify the gene of Norovirus, Giardiasis, and Cryptosporidium. The partial gene of Norovirus was successfully quantified by ABC-HDA, but those of Giardiasis and Cryptosporidium could not be amplified reproducibly by HDA method. Moreover, to reduce the cost for the synthesis of fluorescent probe, we developed the unique oligonucleotide, joint DNA, which bonds to both the target gene and the fluorescent probe. We proved that this method enable the quantification using only one type of fluorescent DNA probe, even if the genes under investigation have different sequences.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る