成果報告書詳細
管理番号20100000001748
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A31001d マイクロ波を駆動源とするバイオベースポリマーの高効率製造技術開発 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2006 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所長畑律子
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約 エステル化および乳酸重合の系において、原料・生成物の誘電測定を行い、マイクロ波による反応促進の原因を明らかにした。縮合反応においては、原料のマイクロ波吸収特性が高いのに対して生成物は吸収特性が低く、マイクロ波が原料および脱離成分に強く作用していることがわかった。
 食品用オリゴ乳酸製造メーカーおよび装置製造メーカーと共同で、世界初の商用乳酸重合装置の開発を行った。容量40L仕様とし、1バッチ1運転で従来の1日生産量(複数バッチ各1運転)を確保可能とできた。本法への工程転換により、70%の省エネを達成することができた。
英文要約 In-situ measurements of microwave (MW) absorption properties at 2.45 GHz for the polycondensation of lactic acid (LA) and the esterification of an alcohol between a carboxylic acid were carried out. By these measurements and analyses, we concluded that MW absorption property of LA decrease with progressing polycondensation. Contrary, MWs deeply penetrate to reaction system with progressing.
Research team jointly developed a device for the mass production of polymers using microwaves and practically applied to a 70% energy-saving process for polymerization of LA for the first time in the world.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る