成果報告書詳細
管理番号20100000001751
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06B44003a 集束・焦点状高周波電界を利用したがん治療・診断システムの研究 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2006 - 2009
委託先名明治大学石原康利
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約リエントラント型アプリケータの回転で達成される加温領域を、3次元有限要素法により解析した。その結果、腫瘍組織の血流量が正常組織の1/5程度の場合に、加温領域が約60 [%]に限局されることを確認した。また、非侵襲温度分布計測法の計測精度(温度分解能:約1 [℃]、空間分解能:約10 [mm])を時間領域差分法により明らかにし、純水とグリセリンを用いたファントム実験により、温度変化領域を数値解析と同様の精度で検出できることを示した。
英文要約The heating region achieved by rotation of a heating applicator based on a reentrant cavity was analyzed using the three-dimensional finite element method. As a result, when the tissue blood flow in a tumor was 1/5 of that in normal tissue, about 60 [%] heating region was achieved. Moreover, an accuracy of the noninvasive temperature measurement method was clarified by the finite difference time domain method (temperature resolution: about 1 [℃], spatial resolution: about 10 [mm]). The phantom experiment showed a possibility that a temperature change region in a tumor would be detectable in the same accuracy as numerical analysis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る