成果報告書詳細
管理番号20100000001753
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06B44010c 一次元的な無水プロトン・電子両伝導チャンネルをもつ新規な燃料電池固体電解質の開発 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2006 - 2009
委託先名東京都市大学金澤昭彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約本研究で開発した高分子カラムナー液晶電解質(スルホン酸系ポリマー、リン酸系ポリマー)のフリースタンディングフィルムを調製し、それらを高分子電解質膜として燃料電池を試作した。電池特性について評価した結果、無加湿条件下でも発電特性が観察され、高分子カラムナー液晶電解質フィルムが無水プロトン伝導体として作用することが実証できた。また、新しい触媒層電解質に向けた無水プロトン・電子両伝導性を示すカラムナー液晶の設計指針に関する知見が得られた。
英文要約To develop novel fuel-cell electrolytes showing protonic conductivity even under dry conditions, we have designed a new family of thermotropic liquid crystals made of simple aliphatic compounds exhibiting a columnar phase. We have designed and synthesized one-dimensional nanomaterials on the basis of the polymeric columnar liquid crystals. In this study, it was confirmed that the one-dimensional liquid-crystalline nanomaterials act as a fuel-cell electrolyte through the application of the columnar liquid-crystalline films to fuel-cell devices.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る