成果報告書詳細
管理番号20100000001770
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A39001d 炭素系電気化学キャパシタの高電圧化 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2006 - 2009
委託先名国立大学法人群馬大学白石壮志
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約 本年度は、高温・高電圧充電に対する耐久性が優れた電極材を実現するため、易黒鉛化性炭素系の活性炭に注目した。メソフェーズピッチ系炭素をKOH賦活して得られる活性炭は、電極密度が高く、優れた体積比容量を示した。これまでの研究成果をもとに、このメソフェーズピッチ系KOH賦活炭に熱処理を施し、さらに電解液溶媒に電気化学的安定性の高いスルホランを用いたところ、70℃下での0~3.5Vの二極式・定電流充放電による放電体積比容量が27Fcc-1、耐久試験(70℃下において200時間の3.5V定電圧充電)後の容量低下率が6%の炭素系キャパシタ電極が実現できた。
英文要約 On this year, activated carbons derived from graphitizing carbon were investigated in order to realize the capacitive electrode materials with high stability against high voltage charging at high temperature. The KOH-activated carbon prepared by mesophase-pitch carbon showed high volumetric-capacitance due to high bulk density. Based on the project's fruits (FY2006 - FY2008), this KOH-activated carbon was heated in inert gas and sulfolane was used as electrolyte solvent. The resultant capacitive-carbon electrode indicated the volumetric discharge-capacitance (two-electrode, 0~3.5V at 70°C) of 27Fcc-1 and the capacitance loss after durability test (3.5V at 70°C for 200h) of 6%.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る