成果報告書詳細
管理番号20100000001778
タイトル平成18年度-平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A17001a 運動を検知して駆動する革新的な自立型光触媒システムの創製 平成21年度最終
公開日2011/1/8
報告書年度2006 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所寺崎正
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約・紫外(-青色)発光性応力発光体の開発: Sr2SiO4:Eu,Dy が目視可能な応力発光(400-600nm)を得ることに成功した。
・大量合成法の検討:工業的な自動、かつ連続的な焼成に関しては、雰囲気、温度条件の均一性の観点から、現時点では難しい。
・近接固定化:緑色応力発光体(SAOE)だけでなく、青色(CYAE)、紫外(SAOHoCe)発光体と酸化チタンの複合体作製に成功した。
・システムの評価:生体にとって非破壊・非侵襲刺激である超音波が応力発光体の発光手段になることを見出した。そこで、応力発光体-酸化チタン複合体に超音波を照射したところ、応力発光による色素の退色、より高い駆動効率示し、近接化の効果の実証に成功した
英文要約[1] We found Sr2SiO4:Eu,Dy shows intensive mechano- luminescence (400-600 nm), that can be seen via naked eyes.
[2] We successfully synthesized ML material 10-folds scale as large as usual.
[3] Hybrid materials consisting of ML material and TiO2 was successfully prepared via interlayer, and maintain both functions of mechanoluminescence and photocatalysis.
[4] We found that ultrasonic wave can be used as a mechanical stimulation for ML material. The hybrid material shows the photocatalytic activity due to the mechanoluminescence induced by the ultrasonic wave. The hybrid material shows higher activity than the case of just mixture. This means we successfully create the self-supporting photocatalytic system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る