成果報告書詳細
管理番号20100000001809
タイトル平成20年度-平成21年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A07018a 腫瘍の転移に関わるニッシェを標的化した新規低侵襲性ガン診断・治療法の開発 平成21年度最終
公開日2011/1/18
報告書年度2008 - 2009
委託先名国立大学法人名古屋大学小野健治
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約肺移行性骨髄細胞の肺移行性に関わる分子を提示させた細胞を元にして複数の抗体を作製した。抗体の中には骨髄細胞の肺移行性に変化を及ぼさないが反応性を示す認識抗体と肺への移行性を阻害したり亢進したりする機能抗体が得られた。特定の細胞の動態をMRIで可視化できる手法を開発した。ChR2を発現させた細胞を作製し、青色光照射によってナトリウムイオンの流入や膜電位変化、細胞機能の変化を起こさせられることがわかった。
英文要約Antibodies were made from Ba/F3-GFP cells, which expressed candidate molecules for migration into lung. Three types of antibodies were acquired; Antibodies recognized lung-migrated bone marrow cells. In addition some antibodies inhibited migration of bone marrow cells into the lung and some antibodies facilitated. A method for gene expression imaging by magnetic resonance was developed. To develop cell control system by lights, it was confirmed that ChR2-expressing cells were controlled activation by blue light exposure.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る