成果報告書詳細
管理番号20100000001833
タイトル平成21年度成果報告書 上田市地域新エネルギービジョン【報告書】
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名上田市
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:地球温暖化問題は、環境分野における世界の中心的な課題として、共通の認識になっています。また既に、地球温暖化に起因した地球規模での異常気象や災害も多数発生しており、地球温暖化対策は豊かな自然環境を後世に残すための人類の喫緊の課題です。
この課題に対するプロジェクトは、地球規模で取り組む必要があるため、国連においても気候変動枠組み条約(UNFCCC)締約国会議(Conference Of the Parties)(通称:COP)が継続的に開催され、国際的な枠組みの中で二酸化炭素(CO2)を代表とする温室効果ガス削減に向けた方策が話し合われています。
またこれと合わせて、私たちが住む地域においても、身近で出来ることから温暖化対策に取り組む必要があり、地域の特長を生かしながら推進していくことも求められます。
美しい自然を育んできた私たちの住む上田市は、日本でも有数の日照条件や豊かな森林資源に恵まれた地域でありますので、これらの条件を生かした新エネルギーを活用することにより、地球温暖化防止に取り組むことが重要であると考えます。
現在、エネルギー資源に乏しいわが国は、石油などエネルギーの9割以上を海外に依存している状況です。これまでの化石エネルギーに依存する社会から、地球にやさしい循環型社会に移行していくためのひとつの手段として、当市でも新エネルギーの導入を推進します。
この『上田市地域新エネルギービジョン』は、上田市におけるエネルギーの消費実態などから、地球温暖化に関する二酸化炭素(CO2)の排出量等を推計し、具体的な新エネルギーの導入方法や活用について、「市民」・「事業者」・「市」の3者の協働により実践し、持続可能なまちづくりを目指すための指針として策定したものです。
新エネルギーを普及していくためには多くの費用と時間がかかります。まずは、誰もが始められる“省エネルギー”に取り組むことも、地球温暖化防止への第一歩となります。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る