成果報告書詳細
管理番号20100000001835
タイトル平成21年度成果報告書 山ノ内町地域新エネルギービジョン【報告書】
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名山ノ内町
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 地域新エネルギービジョン策定の背景と目的 1.1 地域新エネルギービジョン策定の背景 1.1.1 地球温暖化への対応 地球温暖化の急速な進行は、石炭や石油、天然ガスなどの化石燃料を動力源や発電、化学製品の燃料や製造のため大量に消費するようになり、大気中の二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの濃度が増加したことが主な原因の一つであるといわれており、エネルギー消費と地球温暖化問題には密接な関係があります。 国内におけるエネルギー需要を見ると、1970年代までの高度経済成長期には、国内総生産(GDP)よりも高い伸び率で増えてきました。しかし、1970年代の2度にわたる石油ショックを契機に産業部門での省エネルギー化が進むとともに、省エネルギー型製品の開発も盛んになりました。このような努力の結果、エネルギー需要をある程度抑制しつつ経済成長を果たすことができましたが、1980年代後半からは、石油価格の低下に加え、快適さ・利便性を求めるライフスタイル等を背景にエネルギー需要は再び増加に転じています。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る