成果報告書詳細
管理番号20100000001845
タイトル*平成21年度中間年報 希少金属代替材料開発プロジェクト/超硬工具向けタングステン代替材料開発
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P08023
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 研究開発項目(1)「サーメット及びコーティングの基盤研究」 (1)-1「サーメットの解析及び設計技術の開発」 サーメットの構造評価技術では、HAADF-STEMとHRTEMを用いることにより、炭窒化物/炭窒化物粒子界面や炭窒化物/金属結合相界面における構造評価技術を確立した。また、TEM内その場観察により、ミクロあるいはナノレベルでサーメットの組織形成過程をリアルタイムに観察できる可能性を見出した。これらにより、新規サーメットと既存サーメットとの組織形成過程の特徴を明らかにすることができた。高温濡れ性評価技術では、従来から問題となっていた酸素濃度の影響を低減させることにより、実験初期に起こる酸化皮膜の発生を抑えることができ、濡れ角の測定精度を向上させることができた。
英文要約Title : Rare Metal Substitute Materials Project. Development of tungsten substitute materials for cemented carbide tools (FY2008-FY2011) FY2009 Annual Report
(1) Study on cermet and coating
(1)-1 Development of analysis and evaluation technology for cermet
The effect of Mo amount on contact angle of liquid on TiMoCN compact was studied. The effect of water-soluble and organic-soluble binder addition on performances of powder pressing and sintering of cermet was clarified. By using high angle annular dark field scanning transmission electron microscopy and high resolution transmission electron microscopy, the structure of the core/rim and interface was clarified
(1)-3 Development of coating technology
The α-alumina film was prepared on cermet substrates using the lase-CVD process. The effect of various experimental conditions, laser power, substrate temperature, etc., on microstructure and adhesion of α-alumina film was clarified.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る