成果報告書詳細
管理番号20100000001889
タイトル平成21年度成果報告書 三笠市地域新エネルギービジョン 重点テーマ:岡山地区における新エネルギー等導入プラン策定事業【報告書】
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名三笠市
プロジェクト番号P98029
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:現在、地球上では温暖化による気候変動の問題から、猛暑で尊い命が奪われたり、干ばつ等による農業への打撃、各種災害の激化など、世界各国で大きな影響が出ています。
京都議定書の約束事項として、日本は2008 年から2012 年までの5 年間で温室効果ガス排出量を基準年比で6%削減することが求められ、今年で3 年目となりますが、2008 年速報値の結果では、総排出量としては、基準年に比べ1.9%上回った(※ただし、森林吸収源対策や京都メカニズムを含むものではない)ようで、深刻化の傾向が増しております。
このような状況の中、昨年政権交代によって誕生した鳩山首相は、国連での演説の中で、日本国首相として「温室効果ガスを1990 年比で2020 年までに25%削減することを目指す」と表明し、大きな話題となりましたが、同時に我が国は温室効果ガス削減に向けた大規模な取り組みを、早急に実施する方向に舵を切ったことになります。
我が国としては、この対策の一環として、一昨年より住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金などを創設し、また余剰電力買い取り価格の引き上げなどの対策を講じておりますが、地球温暖化の問題では、国と地方が共通の認識を持ち手を取り合いながら、新エネルギーの占める割合を大幅に増やして限りある化石燃料への依存からの脱却を推し進め、同時に使用するエネルギー量を削減することが必要であると考えるものです。
一方三笠市は、石狩炭田の石炭で栄えたまちであり、炭鉱の灯が消えてからは農業や企業誘致等を中心にまちづくりを進めてきましたが、昨今の経済不況を受けて工業団地に新しく誘致できる企業の数も減少している状況であります。しかし一昨年、サハリン天然ガスパイプラインの敷設について、民間事業者から本市の岡山工業団地付近を通る計画であるとの情報を受けたところであります。
上記の背景を受けて、本市では工業団地等でクリーンで安価なエネルギーを利用してもらうことにより工業団地としての価値を高め、結果として企業誘致の活性化につなげることへ期待し、岡山地区をモデル地区として、新エネルギー等の導入に係る具体的な検討を行うことを目的に、このたび「三笠市岡山地区における新エネルギー等導入プラン」の調査を、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の平成21 年度「地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定等事業」の補助により実施しました。この調査では、学識経験者、住民代表、市内各団体関係者、エネルギー事業者等による策定委員会で協議を重ね、岡山地区にさまざまな新エネルギー等の導入に係る実施体制やコストシミュレーションを中心に調査し取りまとめたところであります。結果として、この度の岡山工業団地でのコージェネレーション事業については、現状では非効率であるとのことから実用化は困難でありますが、木質バイオマスエネルギーなどは一定の条件下で有効であるとの判断も出来ますことから、この調査したデータや検討内容は、今後の新エネルギー等の導入に活かす重要な指針として活用を図りながら、本市では、官民一体で地球温暖化防止対策に係る低炭素社会の構築を目指していく所存であります。
最後に、本プランの策定にあたり、ご尽力いただきました策定委員の皆さま、及び関係機関各位に心から感謝を申し上げ、ご挨拶といたします。
英文要約
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る