成果報告書詳細
管理番号20100000002067
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A07205d 導電性高分子を用いた高性能ソフトアクチュエータの開発とパワーアシストスーツへの応用 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人山梨大学奥崎秀典
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン)/ポリ(4-スチレンスルホン酸)(PEDOT/PSS)フィルムは相対水蒸気圧0.95において1080cm3(STP)/g(87wt%)の水蒸気を吸着し、比表面積は0.13m2/gと小さいことから、無孔質であることがわかった。20℃から40℃に昇温することで吸着量はわずかに低下することから、水蒸気吸着が発熱課程であることがわかった。等量微分吸着熱は吸着量とともに43.9kJ/molに減少し、水分子の凝集熱(44kJ/mol)と一致した。5℃から45℃に昇温することで10V印加時の収縮率は2.46から2.1%に低下したが、応答速度が向上することが明らかになった。
英文要約The PEDOT/PSS film sorbed water vapor of 1080cm3(STP)/g, corresponding to 87%, at relative water vapor pressure of 0.95, having a specific surface area of 0.13m2/g. A temperature rise from 25 to 40°C lowered sorption degree, indicative of an exothermic process, where isosteric heat of sorption decreased with increasing water vapor sorption and the value reached 43.9kJ/mol, being consistent with the heat of water condensation (44kJ/mol). Upon application of 10V, the film underwent contraction of 2.46% at 5°C caused by desorption of water vapor due to Joule heating, which slightly decreased to 2.10% at 45°C, while the higher the temperature the faster the film expansion because diffusion coefficient increased as the temperature became higher.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る