成果報告書詳細
管理番号20100000002069
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08A27006d レーザ適応制御法による高品質金属樹脂直接レーザ接合技術の実現 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人大阪大学川人洋介
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約LAMP接合機構を把握するために、詳細な接合状態観察を行い、様々な材料で酸化膜が接合の重要役割を果たしていること等を明らかにした。また、レーザ照射部からの熱放射光およびプローブレーザの反射光を1 kHzでサンプリングし、適正にLAMP接合される温度(420 K)を、±3 %の測定精度でモニタリングすることに成功した。さらに、研究分担者の西本氏によって、平成17年度の若手研究グラント(レーザ圧接異種金属面接合法による複合機能材料製造技術の開発)で得た知見を活かして、接合時の加圧力の最適化がなされた。
英文要約The obtained joints were investigated in details for understanding the joining mechanism. It was revealed that oxide film had important role in joining of several materials. With respect to monitoring technology for optimum temperature for LAMP joints, 1 kHz-high-speed sampling and 3 % measurement precision were successful with monitoring heat radiation and reflection of probe laser from laser-irradiated area. As for gap control, pressure was optimized in LAMP joint between stainless steel and nylon (PA) by using laser pressure welding technique developed in previous NEDO Research Grant Program (Project ID : 05A31704d).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る