成果報告書詳細
管理番号20100000002081
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08B38006a 二ホウ化マグネシウム超電導線材を用いた液化水素用液位センサおよび送液ポンプの要素技術開発研究とそのシステム化研究 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人九州大学柁川一弘
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約昨年度に作成した数値計算プログラムコードを用いて、消費電力低減に向けたMgB2線材への要求仕様を明らかとし、液位センサを最適設計した。また、複数の試料を用いて常電導部自動生成現象を系統的に観測し、その物理的な発生機構を解明した。MgB2線材における交流損失の実験結果を数値的に再現することに成功し、シース部で発生する渦電流損失の理論表式を導出することにより、その発生機構を解明した。また、MgB2線材を用いたかご形回転子を設計・製作し、液体ヘリウムおよびガスヘリウム中で低損失・高効率な同期回転を実証した。
英文要約By using the numerical code established last year, the specifications required for MgB2 wires to suppress the power consumption were determined and the optimal level sensor was designed. The automatic development of normal zone was also observed systematically with several samples and its physical mechanism was revealed. The experimental results of AC losses in the MgB2 wire were numerically reproduced and the loss mechanism was clarified via the derivation of a theoretical expression for eddy current loss in a metal sheath. A squirrel-cage-type rotor with the MgB2 wire was also designed and fabricated. The tests in liquid and gaseous helium validated the synchronous rotation with low loss and high efficiency.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る