成果報告書詳細
管理番号20100000002094
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第1回採択産業技術研究助成事業 08C46216d 神経障害後の運動麻痺・感覚異常に対するリハビリテーションロボットスーツとナレッジデータベースシステムに基づいた在宅リハビリテーション支援システムの開発 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東京大学住谷昌彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約1)下肢用ロボットスーツの開発に成功した。2)上肢用(肩関節用、肘関節用、手関節用、指用)ロボットスーツ全ての開発を完了し、これらの制御盤を共用化することにより上肢の多関節運動をロボットスーツを用いて実現可能にした。3)人工筋肉の収縮調節機能を開発し、ロボットスーツ関節の屈曲収縮運動をより滑らかな動きにすることに成功した。4) リハビリ支援システムへの運動情報フィードバックとナレッジデータベース開発の基盤情報として複数のリハビリ評価尺度による患者データ収集ソフトウェアを開発した。
英文要約1) We evolved the device for a lower limb. 2) We fully developed devices for a upper limb (i.e., for shoulder, elbow, wrist and fingers) and their shared use of one control board. By means of sharing one control board, these devices work relative to one another. As a result, they can execute complicated upper limb movements. 3) We developed the adjustment function of the compressor valve, and consequently artificial muscle contraction and relation become very smoothly. 4) We developed the prototypical software for collect of patients’ data in which some typical rehabilitation assessment forms (e.g., FIM score, FM score) are included. Based on this software, we are now developing the knowledge database for at-home-rehabilitation-supporting system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る