成果報告書詳細
管理番号20100000002246
タイトル平成21年度成果報告書 住宅産業・窯業関連分野の政策課題解決に向けた技術開発動向調査
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P99029
部署名ナノテクノロジー・材料技術開発部
和文要約家庭部門のCO2排出量は我が国全体の約15%を占め、年々増加傾向にあることから、「2020年までに1990年比25%削減」という我が国の政策目標を実現するためには、家庭部門における大幅削減が不可欠である。その際、優良な住宅ストックの蓄積という視点から、太陽光発電等の再生可能エネルギーにCO2排出削減量の多くを頼るのではなく、躯体や設備の省エネ性能を高めた低炭素住宅の開発・普及が必要であり、部材や設備に関する既存技術の改良と新技術の開発が求められる。  本調査では、事業者ヒアリング、有識者ヒアリング等により、住宅分野の低炭素化に資する技術シーズを探索し、それらの中から、部材開発で貢献できる技術を重点研究開発テーマとして、以下の6つを抽出した。  1)真空断熱材の建材化研究開発: 2)蓄熱材及び蓄熱材料の住宅適用システムの開発: 3)雨水活用型調湿システムの実証: 4)シースルー薄板ガラス太陽電池(発電窓)の研究開発: 5)サーモクロミック窓材料の研究開発: 6)高強度・高耐久性コンクリートの建材化研究開発  各技術に関して、技術の現状、研究開発課題、技術開発ロードマップを整理するとともに、今後NEDOが取り組むべき事項として、低炭素住宅の開発・普及に向けたナショナルプロジェクトの方向性について提案した。
英文要約Title: Research on Trends of Technological Development to Solve Policy Challenge in Housing Industry and Ceramic-related Industry of Japan (FY2009) Final Report
In Japan, CO2 emission from residential sector accounts for about 15% of Japan’s total CO2 emission, and the rate continues to grow yearly. In order to achieve the policy target of 25% reduction of CO2 emission from 1990 level by 2020, which was set by the Japanese Government, the emission in residential sector should be significantly reduced. This should be achieved firstly by development and introduction of high performance insulation and energy-efficient facilities, rather than simply introducing renewable energy like solar energy generation to increase excellent low-carbon residential buildings in terms of stock. Therefore, it is very important to realize technical refinement and development of new technology which contribute to energy efficiency improvement. In this research project, we explored promising technical seeds which are expected to contribute to low-carbon house realization through interviewing practitioners and experts in this field. As a result, we successfully indentified six technologies, and we organized following information: 1) current situation of technology, 2) challenges in technical development, and 3) roadmap for technical development. As a conclusion, we proposed a direction for national R&D projects which aim at development and dissemination of low-carbon residential buildings.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る