成果報告書詳細
管理番号20100000002253
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E51025a アルツハイマー病の高精度早期診断の実現に向けたPET用タウ病変検出プローブの開発 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東北大学古本祥三
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約ライブラリー用のABC骨格誘導体については、パラレル反応装置及びフラッシュクロマト装置を駆使し、効率よく化合物の合成を行い、151種類の誘導体を合成した。そして前倒し的に、同誘導体の脂溶性評価としてHPLC法によりLogPの測定を行った。我々が先行研究で既に脳移行性評価を行っていた化合物を活用して、脂溶性と脳移行性の関係を調べ、両者の間に優れた相関性を明らかにし、LogP値が非標識化合物の脳移行性の予測的評価指標として利用できることを確認した。化合物のタウ結合性評価系としては、人工タウ断片またはAD脳組織からのリン酸化タウ抽出物を利用した結合試験法を確立した。特に後者は化合物の蛍光特性を利用した感度・簡便性に優れた方法であり、ライブラリー化合物の結合性評価に利用してタウ結合性新規化合物を見出すことに成功した。
英文要約Derivatives of ABC structure (151 compounds) for library were efficiently synthesized by using a parallel-synthesis device and a flash chromatography. The Log P values of the derivatives were measured by HPLC method. Correlation between lipophilicity and brain uptake of compounds was revealed by using compounds we previously developed and already examined their brain uptakes, suggesting the LogP values could be available for predictive indicator of brain uptake. For evaluation of binding property, we established tau-binding assay methods using artificial tau-fragments or phospho-tau extracted from AD brain. Especially, the later method is sensitive and convenient. By this method, we could find novel candidates for tau-imaging probes in this study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る