成果報告書詳細
管理番号20100000002257
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E52013d パルス駆動による知覚輝度向上効果を用いた消費電力半減LED光源システムの実用化 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人愛媛大学本村英樹
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約LEDのパルス点灯により、ちらつきを感じない程度の速い繰り返し周波数でも1.5-2.0程度の知覚輝度向上効果が得られた。点灯条件としてはパルス幅を短くすることが必要であり、およそ5 ms以下で知覚輝度向上効果が現れた。ただし、これについてはパルス点灯による発光色の変化が与える心理的な効果を含んでいる。CIELAB色度座標を用いた解析や、複数のLEDの同期点灯と順次点灯の比較実験の結果から、純粋なパルス点灯の効果はこれより小さく、1-1.5程度と推測される。
英文要約About 1.5-2.0 of perceived luminance improvement degree is obtained by pulsed operation of LEDs even under the condition of higher repetition frequency than CFF (critical fusion frequency), at which the observer can detect the flickering of the light. This effect appears under the shorter pulse width than about 5 ms. However, this improvement degree contains the effect of emission color change by pulsed operation. Through the analysis using CIELAB color space and through the experiment where the observer compares two pairs of ten LEDs of same emission colors, one is operated by synchronized driving and the other is operated by sequential driving, the improvement degree of the perceived luminance by pulsed operation itself, i.e. after subtraction of the effect of color change, is estimated as 1-1.5.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る