成果報告書詳細
管理番号20100000002259
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09E52018d 低分子化合物を活用した植物免疫システム制御基盤技術の開発 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名岡山県農林水産総合センター生物科学研究所鳴坂義弘
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約・候補化合物の選定と評価
 SA経路を活性化する50個の化合物について特性を評価し10個の低分子化合物を選抜した。
・SA経路を活性化する候補化合物の評価
 候補化合物は病害防除効果を有すること、さらにSA合成系より上流に作用することを明らかにした。
・低分子化合物処理した植物における免疫システムの細胞学的解析および形態学的解析
 抵抗性誘導剤の前処理により、細菌の植物体への感染初期に、細菌の感染部位周辺の植物組織に活性酸素が大量に蓄積していることを明らかにした。
・プラントアクティベーターの創薬に向けたゲノムネットワークを用いた解析と標準化システムの構築
 SANaとBTH、MeJAとethephonとの高い相関が明らかとなった。また、SANa特異的およびBTH特異的な発現プロファイルを示す遺伝子群の存在が明らかとなった。
英文要約・ Selection of plant activator candidates.
Ten potential candidates were selected from 50 compounds activated SA-signaling pathway.
・ Evaluation of plant activator candidates.
Treatment with these compounds protected Arabidopsis plant against fungal pathogen Colletotrichum higginsianum. These compounds functioned upstream of SA biosynthesis on the SA signaling pathway.
・Morphological and cytological studies of plant immune system in plants treated with low molecular compounds.
CeCl3 staining showed that BTH induced H2O2 accumulation at early stage after bacterial inoculation. DAB staining 24 h post-inoculation showed that DAB signals were stronger in BTH+Botrytis than in Botrytis only.
・Genome network analysis in plants treated with a low molecular compound and development of the standard system for plant activator screening.
Microarray analyses showed that SANa is correlative to BTH, and MeJA is correlative to ethephon. SANa- and BTH-specific gene expression profiles were obtained by microarray analyses.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る