成果報告書詳細
管理番号20100000002289
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A02004a 標的細胞に結合する環状ペプチド探索手法開発と環状ペプチド担持抗体への変換 平成21年度中間
公開日2011/1/8
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人岡山大学 瀧 真清
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約A-1.特別な反応点を持つ非天然アミノ酸の有機合成
8種類の非天然アミノ酸合成に成功し、そのうち4種類の非天然アミノ酸をモデルペプチドのN末端に導入およびNEXT-A環化可能であることを証明した。
A-2.NEXT-A法によるファージ上での非天然アミノ酸導入と環化
ファージ上に短いペプチドを提示する基本ファージミドベクターのクローニングを行った。これを用いてファージ上に短いモデルペプチドが提示できることを、ウエスタンブロット法にて確認した。
B.人工抗体(cPv-Fc)発現用プラスミドベクター構築と哺乳動物細胞内での発現
cPv-Fc前駆体の発現ベクターの構築およびHEK293T細胞を用いた生合成を行った。この前駆体に対しNEXT-A反応を行い、非天然アミノ酸を前駆体のN末端特異的に導入できることを確認した。
さらにcPv-GFP前駆体の大腸菌を用いた生合成を行った。cPv-GFP前駆体に対してNEXT-A環化反応を行うことで、(部分環状構造を持つ)cPv-GFPの合成に成功した。
英文要約We have recently discovered that various non-natural amino acids can be enzymatically introduced only at the basic N-terminus of proteins or peptides. We extended this L/F-transferase-mediated functionalization of proteins in combination with aminoacyl-tRNA synthetase (ARS), namely the NEXT-A (N-terminal Extension of protein by Transferase and Aminoacyl-tRNA synthetase) reaction.
1.By using the NEXT-A reaction, we introduced a novel non-natural amino acid possessing a functional group which can react with neighboring cysteine. The introduced functional group was spontaneously reacted with an intramolecular cysteine on a same protein, GFP, to afford a cyclic-peptide posessing GFP (cPv-GFP).
2.cPv-Fc precursor was synthesized by using mammalian cells, HEK293T. Introduction of a nonnatural amino acid to the N-terminus of the cPv-Fc precursor was successfully achieved by the NEXT-A reaction.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る