成果報告書詳細
管理番号20100000002292
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A03002d 医療器具洗浄・難分解産業廃棄物分解用の超安定・超強力プロテアーゼの実用化 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人大阪大学高野和文
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約-Tk-サチライシン- 
成熟化速度を改変する目的で、成熟化に関連するプロペプチドにエラープローンPCRによってランダムな変異を導入し、成熟化至適温度の変化(低温シフト)を指標として有望変異体を選抜し、その構造と機能を解析した。その結果、本プロテアーゼの成熟化抑制因子を同定することに成功した。
-Tk-SP- 
Tk-SPのCプロペプチドを除く領域の分子について、結晶構造解析を行い、2.0Å分解能での構造を決定することに成功した。Tk-SP固有のJelly roll領域の構造が初めて明らかとなった。この領域の役割は全く不明であったため、その欠損変異体を作成したところ、本プロテアーゼの安定性が大きく低下し(約30℃)、この領域が、本プロテアーゼの高い安定性に大きく貢献していることが明らかとなった。
英文要約--Tk-sbtilisin-- 
For changing maturation speed, a random mutation was introduced into propeptide. The promising mutants were selected, and the structure and function were analyzed. As a result, we could identify the control factor in the maturation of T
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る