成果報告書詳細
管理番号20100000002319
タイトル平成21年度成果報告書 情報収集事業 国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業 アブダビ首長国における再生可能エネルギー利用の電気自動車及び都市交通システム構築事業に関する検討(英文)
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名三菱重工業株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名エネルギー・環境技術本部 国際事業統括室
和文要約アブダビ首長国において経済成長を維持したままエネルギー消費量を低減する為には、最終エネルギー消費の約30%を占める輸送部門の高効率化や脱化石燃料が必須である。その為には、輸送部門において、再生可能エネルギーや原子力等、多様なソースからエネルギーを取り出せる電力をエネルギー源とする為の電化促進等を踏まえた低炭素社会モデルの構築が必要不可欠である事は論を待たない。また、昨今の世界的な地球環境問題への認識の高まりの中で、化石燃料資源の潤沢な中近東諸国においても、その一部では、低炭素社会モデルの構築に向けた検討が進みつつあり、具体的事例としてアブダビ首長国では、その電力需要を全て再生可能エネルギーでまかなう「マスダールシティ」計画を掲げている。日本としても、中近東諸国における動きに積極的に関与し、日本の再生可能エネルギー利用先端技術等の紹介・実証等を行うことは、重要な取り組みであると考えられる。このような認識の下、中近東諸国における再生可能エネルギー利用事業計画において、再生可能エネルギーからの電力を電気自動車へ供給し運用するシステムの整備が将来の事業案件と成り得るかどうか、どの様な事業内容が相応しいか等につき検討した。アブダビ首長国においては、近年の急激な経済成長および人口と交通量の増加に伴った化石燃料の国内消費率の増加が課題となる。その対応策として、再生可能エネルギー導入拡大、及び輸送部門の電化促進を挙げた。再生可能エネルギーの利用において問題になるのは、再生可能エネルギーの変動とデマンドを如何に協調し利用するかにあり、その対策としてバッテリーの利用が想定される。このモデルは化石燃料を国内価格で設定していた為に、複数オーナーで資産価値を共有する必要があったが、アラブ首長国連邦は輸出価格をベースに投資回収を計算することが分かった。つまり、アイスランドのような原油価格が高く電力料金が安い地域でのモデルのほかに、事業の成立性が向上するモデル、いわば産油国モデルが成立する可能性が高い事が分かった。さらに、上記の考えの下にアブダビ首長国での再生可能エネルギーの利用と電気自動車を融合させた交通システムに関する事業モデルを検討した結果、電気自動車のバッテリーに対してIT技術を応用し管理運用する仕組みを組み込み、バッテリーの再利用および再生可能エネルギーの変動吸収のための電力貯蔵設備としての二次利用等までを考えた事業モデルが有効である可能性を確認した。提案した事業モデルでは、高価なバッテリー価格を複数のユーザーでシェアする事が可能となり、経済性が確保できる可能性があるものである。この仕組みはアブダビ首長国に限らず、他の地域、国においても同様な展開が可能であり、今後、モデル事業として検証できれば、広い範囲での水平展開が期待できる。
英文要約Title: Fundamental Research Projects for Increasing the Efficient Use of Energy Basic Survey, Research on the Business Model of Electric Vehicles and Urban Transport Systems utilizing a Renewable Energy in Abu Dhabi
To decrease domestic fossil fuels consumption while maintaining an economic growth, it is indispensable to decrease the consumption of the transport sector that accounts for about 30% of the final energy consumption in Abu Dhabi. Therefore, needless to say, it is important to promote an electrification that can expand non-fossil fuel related energy, such as renewable, nuclear, etc. Recently, some countries in Middle East Asia, in which abundant fossil fuels are reserved, has been proceeding a low carbon society projects, such as Masdar. Masdar project aims to make all electricity be generated from a renewable energy. It is obvious for Japan to cooperate with the countries (and/or projects) to realize low carbon society projects. Based on the situation, this research proceeded to study which business models are suitable in Middle East countries to realize low carbon society. In Abu Dhabi, an increase at the domestic consumption rate of the fossil fuel due to an increase in rapid economic growth, population, and traffic become one of the issues. The introduction of renewable energy and the promotion of electrification of the transport sector are enumerated as the countermeasure. Fluctuations of generation are one of the issues to expand renewable energy; however, battery is useful as a buffer function to stabilize a generation from a renewable energy. This model can be feasible for the investment collection considering export price, instead of domestic price. In addition, the business model that includes a concept of a second use of batteries to stabilize electricity of renewable energy can be effective, by integrating renewable energy and transportation system. The proposed model has a possibility to be applied not only in Abu Dhabi, but also other countries, since battery cost is shared by the plural users.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る