成果報告書詳細
管理番号20100000002327
タイトル平成19年度-平成21年度成果報告書 固体高分子形燃料電池実用化戦略的技術開発 実用化技術開発 高強度な波板形状セパレータの研究開発
公開日2011/1/25
報告書年度2007 - 2009
委託先名日清紡ケミカル株式会社
プロジェクト番号P05011
部署名燃料電池・水素技術開発部
和文要約固体高分子形燃料電池の高効率化、高信頼性化及び低コスト化の実現に向けて、カーボン/樹脂モールドセパレータの実用化技術開発を行った。平成21年度末までの目標は次の通りである。(A)成形時間が10秒/枚であるハイサイクル成形材料の開発、(B)成形サイクルを40秒/枚以下とする成形技術・設備の開発、(C)バリ取り/厚み検査のサイクルを40秒/枚以下とする技術・設備の開発、(D)セパレータとして実用可能な品質性能に関する数値目標((a)セパレータの形状が波板形状であり、最薄部の厚さが0.2ミリメートル以下、(b)成形品の厚さばらつきは、50マイクロメートル以下、(c)固有抵抗値は、12ミリオーム・センチメートル以下、(d)耐熱性は、摂氏120度以上、(e)外形寸法は、A4サイズ)ほぼ計画通り、材料開発、及び材料に応じた各工程(混合・成形・バリ取り・表面処理等)の開発を重ねた結果、上記目標を満たす波板形状カーボン/樹脂モールドセパレータの量産化技術を確立した。
英文要約We have researched and developed new carbon/resin composite bipolar plates (hereinafter called "plates") for polymer electrolyte fuel cells with higher efficiency, higher reliability and lower cost. Our targets that we should achieve by March 20th 2010 are as follows;(A)Material Development for Shorter molding time: Target 10 sec / plate,(B)Technology and facilities development for shorter molding process time: Target 40 sec / plate or less,(C)Technology and facilities development for shorter deflashing process and thickness measurement process time: Target 40 sec / plate or less,(D)Quality Target((a)Waveform plates can be produced. Target thickness is 0.20 mm or less,(b)Thickness variation: 50 micrometer or less,(c)Electrical resistance: 12 m ohm cm or less,(d)Heat-resistant temperature: 120 degree C and more,(e)Plate size: A4 size can be produced) We could achieve the development of compound and each process (mixing, molding, deflashing, and surface treatment, etc.) nearly on schedule in this project. As the results of this project, we could establish mass-production technologies of carbon/resin composite bipolar plates with waveform to meet the above-mentioned target.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る