成果報告書詳細
管理番号20100000002342
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A13002a 光コムシンセサイザの開発と計測・通信への応用 平成21年度中間
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東京農工大学柏木謙
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約(a)光コムシンセサイザの開発:光コムを生成するための光パルスに関して、そのパラメータ(波長、形状、パワー)を最適化することにより、周波数間隔が12.5GHzの光コムを10THz以上に渡って生成することが出来た。また、その周波数間隔は200MHzの範囲で変化させることが出来た。
(b)高精度分光分析:MHzオーダの分解能で、光通信波長帯C-band全域以上に渡ってH13C14Nガスの吸収線を計測することが出来た。
(c)3次元顕微鏡:広帯域かつ周波数可変の光コムを利用して、空間分解能24μmの干渉計測を実現した。従来の白色干渉法と本研究課題で提案する周波数間隔掃引法を比較し、空間分解能は良く一致した結果が得られた。
(d)光波形解析/整形器:特性の異なる2種類の光ファイバを縦続接続して光ネットワーク網として見立て、光パルスを伝搬させた。その伝搬前後のパルス形状を比較し、接続順序を同定することが出来た。
英文要約(a) Optical frequency comb generator : We generated over 10-THz-wide optical frequency comb with 12.5-GHz mode spacing by optimization of pump pulse parameters. Its comb spacing had tunability of 200 MHz.
(b) High precision spectroscopy : We realized wide band spectroscopy with 1 MHz resolution and measured HCN absorption lines over the C-band.
(c) 3D microscope : We realized frequency-comb based interferometry with 24 μm resolution using broadband spacing-tunable optical frequency comb. The result well matched with the simulation result and the result based on mechanical scanning method.
(d) Optical pulse analyzer and shaper : We transmitted pulses through two cascaded fibers with different characteristics, and determined the fiber order by measuring initial and transmitted pulse waveforms.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る