成果報告書詳細
管理番号20100000002351
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A08004a カーボンナノチューブを利用した植物細胞への遺伝子導入法の実用化研究 平成21年度中間
公開日2011/1/8
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人名古屋大学加地範匡
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約セルラーゼ固定化カップスタック型カーボンナノチューブを用いた遺伝子導入法の基本的な要素技術を確立して特許化した。本法をカップスタック型カーボンナノチューブ以外のカーボンナノチューブへ展開するために、単層カーボンナノチューブと多層カーボンナノチューブについて水溶液中に単分散させるとともに、蛍光ラベル化するためのプロトコルを確立した。また、これらの細胞内への取り込み効率に関する知見を得るとともに、細胞内に取り込まれた後の局在を確認するための方法を確立した。さらにこれらカーボンナノチューブの培養細胞に対する毒性に関して、初歩的な知見を得た。
英文要約The gene delivery system developed in this project was patented in Japan. For wide application of this gene delivery system, single- and multi-walled carbon nanotubes were optimized to dissolve in aqueous solutions and label by fluorescent probes as well as cup-stucked carbon nanotube. Penetration efficiencies into the culture cells were investigated. Cell toxicity of these carbon nanotubes were also investigated and obtained preliminary results.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る