成果報告書詳細
管理番号20100000002364
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09C46131a 血中メチル化DNAの新規検出方法を利用した、喉頭癌・子宮体癌の迅速診断システムの開発 平成21年度中間
公開日2011/1/8
報告書年度2009 - 2009
委託先名慶應義塾大学座間猛
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約手術中の検体採取及びその迅速な保存には、目的意識を持った、術者以外の者も含めたチーム連携が非常に重要であるが、この点においてプロトコールを確立した。また、臨床検体(頭頸部疾患、喉頭癌、婦人科疾患、子宮体癌)から保存状態の良いmiRNAsを抽出する方法に関しても、試行錯誤によって確立し、結果的にRIN(RNA Integrity Number)値7.8以上のほとんど分解が認められないRNAを得ている。次に、これら疾患におけるmiRNAプロファイリングを行い、この結果をもとに発現抑制の認められたmiRNAsのゲノム上存在部位とそれら近傍におけるCpGアイランドの位置を確認した。さらに、罹患者血清からの当該部位のメチル化DNAの抽出方法とそれらの検出方法を確立した。
英文要約DNA methylation and miRNAs play an essential role for the multiple gene regulation, and miRNAs dysregulated in cancers could be linked to the methylated CpG sites. However, it remains to be known how differential miRNA expression is associated with methylation on cancer genome. Therefore, to examine whether miRNA chromosomal regions dysregulated in cancers show alterations in DNA methylation status, we have assessed the differentially expressed miRNAs and their neighboring methylated CpG sites in either laryngeal or endometrial cancer.
First, we have screened 723 miRNAs to find the miRNAs down-regulated in each cancer and also identified differential DNA methylation regions after analyzing 27,578 CpG sites in cancer genome. Then, we have combined the results of these analyses within a window of 20,000 bp and found that dysregulated miRNAs are overlapped with differential DNA methylation in laryngeal cancer, much greater than what would be expected by random chance, while not in endometrial cancer. Thus, our findings suggested that several methylated regions are associated with miRNAs dysregulated in laryngeal cancer, leading to clinical applicability as strong biomarkers.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る