成果報告書詳細
管理番号20100000002368
タイトル平成21年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業 セメント省エネルギー技術普及推進基礎事業(ブラジル)
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名JFEエンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93049
部署名省エネルギー技術開発部
和文要約対象国のセメント製造業は、年間約5000万トンを生産している。その生産には約7,200GWhの電力が必要であり、年間約790,000TJものエネルギーが消費されている。一方、セメント生産の際に発生する未利用エネルギーは大気へ放散している状況である。
係る状況下、対象国における電力多消費型産業であるセメント産業は、その生産コストのうちの3-4割を占める電力について、省エネルギー、環境負荷低減、発電コスト低減の具体的技術が必要な状況である。
そこで、ブラジルにおいて「セメント省エネルギー技術普及推進基礎事業」を実施し、事業実施の可能性と調査した。
まず、調査候補になりうるサイトを選定した。ブラジルにおける26ラインのセメント工場のうち、下記の3サイトを選定の上で調査を実施した。
● リズセメント
● チュピセメント
● カマルゴコレア
● ボトランティムセメント
● ホルシムセメント
● シンポールセメント
詳細な現地調査を実施した結果、上記6ヶ所共に省エネルギー技術導入の条件が整っている事が判明した。また、本技術の普及は、省エネルギーにより電力コスト低減、環境改善が図られるため十分に有効性があることも判明した。
この技術の導入で、ブラジルにおけるセメント産業は、省エネルギーによる電力コスト低減を享受でき、また、不随的ではあるもののGHG削減の環境改善効果もあり、CDMスキームへと繋がるものになりうるといえる。
英文要約Brazil cement industry produces 50 million tons of cement every year with
the consumption of approximately 7,200Gwh of electric power and 790,000TJ of
energy. On the other hand, the waste heat is not fully and effectively
utilized and emitted to the atmosphere.
Under those circumstances, the cement industry in Brazil requires the energy
efficiency technology that resulted in the reduction of production cost and
the protection for the environment.
Thus the feasibility study of "The Dissemination Possibility of Energy
Conservation Technology in Cement Industry in Brazil" has been carried out
in order to study the possibility and viability of the energy conservation
project execution in Brazil.
The nomination of the investigation sites has been done first. Among 78
potential lines , the following six companies were nominated.
● Cimentos L
● Cimento Tu
● Camargo Corr
● Votorantim Ciment
● Holcim Braz
● Cimpor Braz
After the detailed site investigation, all six companies have great
potential for the implementation of the energy conservation project.
Regarding the possibility of dissemination on this technology in Brazil,
this technology shows the potential of dissemination as both the reduction
of energy cost and the volume of the energy saved were great enough.
In conclusion, this technology proves to be well worth dissemination.
Through the introduction of this technology, the cement industry in Brazil
and may be able to enjoy the power generation cost through energy saving
that can enjoy the improvement of environmental protection through reduction
of GHG reduction, which also may lead to the application of JI scheme.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る