成果報告書詳細
管理番号20100000002378
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A25003a 超微量ゲル試料の構造解析システムの開発 平成21年度中間
公開日2011/1/18
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人山形大学古川英光
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約 実用化走査型顕微光散乱(SMILS)システムの試作1号機「プロトタイプI」の開発を進め、下記の技術開発を行った。
(1) 1Ray光学系測定装置の開発
 微小サンプルセルの測定が可能な、空間分解能1μmの走査型顕微光散乱装置系を1光源で開発した。
(2) 実用型PCS計算機の開発
 小型ワークステーションと高速信号測定器を組み合わせて実用型光子相関分光計算機(PCS計算機)を開発し、測定開始から数10s以内に光子相関関数が算出されるようにした。
 さらに、(1)と(2)を組み合わせることにより、プロトタイプIを用いた動的光散乱測定が可能であることを実証した。
 従来のSMILSに比べて、測定できる緩和時間の測定範囲が短時間川で拡大し、相関関数の計算が倍精度で可能になった。また、1Ray光学系の開発は計画よりも早く進み、次年度に予定していた走査機構部分の組み込みに着手することができた。
英文要約A prototype I of the new Scanning Microscopic Light Scattering (SMILS) system for practical uses has been constructed and the following technologies were developed.
(1) The development of 1-ray optical system
A new optical system of SMILS was developed to characterize gels in a little sample cell with 1-micron resolution in space.
(2) The development of a special computer for PCS
By combination of a small workstation and a high-speed signal detector, a new computer system of Photon Correlation Spectroscopy for practical uses was developed to calculate a photon correlation function within several ten seconds after the beginning of measurement.
Further, by composing both (1) and (2), it was confirmed that the prototype I can do the measurement of dynamic light scattering.
Comparing to the previous SMILS system, the shorter limit of the measurable relaxation time was extended and the accuracy was improved to double precision. Since the development of the 1-ray optical system proceeded faster than expected, the scanning apparatus has already equipped to the system, while this equipment was planned to be done in the next period.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る