成果報告書詳細
管理番号20100000002381
タイトル平成21年度成果報告書 平成21年度第1回採択産業技術研究助成事業 09A28003a 光通電ハイブリッド・パルス加熱法による高速多重物性測定装置の実用化開発 平成21年度中間
公開日2011/1/18
報告書年度2009 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所渡辺博道
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約光通電ハイブリッド・パルス加熱法を用いた高速多重物性測定における新しい解析方法を考案した。照射範囲が広くコンパクトなキセノンフラッシュ光源の開発を行った。装置の小型化と電流フィードバック制御方法の改良を行い、黒鉛の測定を通じて本測定法が金属以外の物質に対しても拡張可能であることを確認した。
 モリブデンを基板とする平板状黒体を作製した。高温における可視から赤外波長域における分光放射率を測定するシステムの作製を開始した。
放射温度計測機能、試料形状撮影機能、試料の傾きを検出するオート・コリメータ機能を有する多機能放射温度計を試作した。
英文要約We have adopted new analytical methods to deduce electrical resistivity, specific heat capacity, and hemispherical total emissivity by a specific experimental routine and developed a relatively compact xenon flash lamp unit capable of irradiating larger sample area and a relatively compact pulse heating unit. In addition, we have modified the computer program to control the resistive heating of sample. The usability of the present method and apparatus to semiconductors and semimetals has been confirmed by the measurement of high-density isotropic graphite, which possesses electrical characteristics similar to those of semiconductors.
We have developed a plate-like black body which consists of single wall carbon nanotube forest on a molybdenum plate. To estimate the performance of the blackbody, we have started to develop a system for measuring normal spectral emissivities from visible to infrared wavelengths. In addition, we have developed a test model of multi-function radiation thermometer which involves radiation thermometry, autocollimator, and photographing to derive the thermal expansion of the sample heated by the electrical pulse heating.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る