成果報告書詳細
管理番号20100000002408
タイトル平成21年度成果報告書 戦略策定調査事業 再生医療海外動向調査及び技術戦略調査
公開日2011/1/8
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社三菱化学テクノリサーチ
プロジェクト番号P99029
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約「再生医療」分野で昨年度までに策定した「技術戦略マップ」について、最新の内外技術動向、市場動向や社会情勢等を踏まえ導入シナリオ、技術マップ、技術ロードマップのアップデートを実施し、さらに今後の我が国における戦略的な技術開発の方策を示す発展的な技術戦略マップについてもアップデートを実施した。本年度は、特に今後の再生医療の実用化及び産業化を推進するという観点から標準化戦略(案)を策定した。本標準化戦略(案)策定に当たっては、有識者へのインタビューから再生医療に関わる特徴的技術と標準化が求められる領域を抽出し、標準化策定における知的財産権の取扱いに関する各標準化機構のポリシーを整理した。さらに、先端医療分野で、特に海外で臨床試験等が先行している遺伝子治療における標準化の状況を整理した。また、広く再生医療関係の専門家に対し書面調査を実施し、体外培養による大規模組織の構築とそれを用いた再生医療の可能性に関する意識を調査した。また、アジアを中心とした海外の医療関連制度に関する調査を行うとともに、国内における再生医療の実用化・普及に必要な基盤整備について検討を実施した。海外の再生医療関連制度等の情報収集・分析に関しては、韓国とオーストラリアでの現地調査も含めて詳細な調査を行うとともに、それ以外の国(インド、中国、シンガポール、マレーシア等)に関しては文献調査を実施した。具体的な調査を行うに当たっては、有識者からなる「再生医療分野技術戦略委員会」並びに「再生医療分野海外調査委員会」を立ち上げ、上記調査を適切に行っていくため各調査項目に関して検討を行い、再生医療分野における臨床試験(治験)及び細胞組織工学製品の製造の運用状況、医療関連制度及び規制等の整備状況、その他社会的背景、実施例等について調査・分析を行った。
英文要約Title:International Activity and Strategic Technology Roadmap (STR) for Regenerative Medicine (FY 2009)
Strategic Technology Roadmap (STR) for Regenerative Medicine was revised, by taking the recent progress of the field into consideration. In addition, drafts of standardization strategy of the field were discussed through the interviews with eminent persons from industry, government and academia, and the comparison with the situation of standardization of Genetic Therapy. Moreover, questionnaire research on large scale tissue culture for regenerative medicine was performed. Industrial activities and regulatory systems of regenerative medicinal products in Asian countries were also studied through literature and internet survey. We also visited Korea and Australia and interviewed experts in private, public and governmental sectors. In order to implement the researches above, expert committees were set up and their advices were utilized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る