成果報告書詳細
管理番号20100000002414
タイトル平成21年度成果報告書 基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発 間葉系幹細胞を用いた再生医療早期実用化のための橋渡し研究 間葉系幹細胞による再生医療早期実用化
公開日2011/1/8
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立成育医療センター研究所
プロジェクト番号P07022
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約我が国は世界に類を見ない少子高齢化社会を迎えつつあり、国民が健康で安心して暮らせる社会の実現を目指すために、先端技術を応用した高度医療技術の開発・実用化を促進することは緊急の課題である。先進技術を応用した高度医療技術である間葉系幹細胞を用いた再生医療は、失われた臓器・組織の機能を回復させる新しい治療法として、特に皮膚・硬組織・角膜などの疾患に対してすでに臨床応用が進んでいる。今後、再生医療が次のステージである心臓や肝臓、膵臓などの重要臓器の治療に本格的に拡大し、普遍的な医療として発展、普及していくためには、最新の科学的技術・知識に基づいた治療の有効性を高めつつ、その効果の予測・評価法を確立し、移植に用いる細胞の安全性を保障し、社会的なコンセンサスを得ることが重要である。言い換えるならばレギュラトリーサイエンスに裏付けされたトランスレーショナルリサーチを促進することが、間葉系幹細胞を用いた再生医療早期実用化のために必要である。
 現在のところ、再生医療には主に二つのアプローチがある。1つは薬事法下においての細胞・組織加工製品の製造販売承認を目指したものである。すなわち、企業による研究開発・治験に入る前に行う「確認申請」、そして「治験」、「製造販売承認」、「臨床利用」という段階を踏むものである。このようなアプローチをとる際の基本的考え方や、基本的技術要件については、平成12年12月26日医薬発第1314号「ヒト又は動物由来成分を原料として製造される医薬品等の品質および安全性確保について」に示されていた。2つ目は、医師法下で行われる「ヒト幹細胞臨床研究」で、これは平成18年7月3日付け厚生労働省健康局長通知健発第0703003号「ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針の施行等について」に従って行うことになっている。この科学的内容は、おおよそ医薬発第1314号に準じたものとなっている。医薬発第1314号のうち、別添2の「ヒト由来細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針」については、急速に発展する学問・技術、倫理上の観点、国際的動向等を反映して評価基準を見直し、我が国の再生医療を適正な規制の下推進するべきと強く要望されたため改定案作成が検討された。この改定案では自己及び同種細胞由来の製品に関する技術要件をより明確にするために、2つの指針となった。これらが、「ヒト(自己)由来細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(薬食発第0208003号)」及び対応する「ヒト(同種)由来細胞・組織加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針(薬食発第0912006号)」である。また、これら2つの指針をベースとした指針案(中間報告)が作成された。本プロジェクトでは、これらの指針に合致すべく、間葉系幹細胞を用いた再生医療における基礎研究の臨床適用への展開を阻害している要因について掘り起こし、レギュラトリーサイエンスを基盤とした、安全で有効性が高く、品質が保障された細胞を、円滑に医療現場に届けるための要素技術の開発を行った。
英文要約Title: Technological Development Projects for Prompt Bridging Between Fundamental Studies and Clinical Application. Developments toward Prompt Application of Regenerative Medicine with Mesenchymal Stem Cells. (FY2009) Final Report.
Regenerative medicine has recently attracted attention worldwide and also in Japan. Several guidelines on regenerative medicine have been released from the Japanese regulatory agency. Human mesenchymal stem cells (MSCs) collected from bone marrow and adipose tissue have commonly used for donor cells. Human MSCs can also proliferate in vitro and maintain pluripotency in vitro. The goal of this study is to develop basic elementary technology in order to ensure the quality, safety, and efficacy of pharmaceuticals and medical equipment produced using autologous MSCs for review process of regenerative medicine. First, characteristics of biological structure and function, such as morphological characteristics, growth characteristics, biochemical indicators, and immunological indicators were suitably chosen and appropriate genotype or phenotype indicators were analyzed. At the time of application for regulatory approval, the main characteristic indicators of MSCs need to be determined when applying the cells to the patient. We showed that N-cadherin is a good immunological indicator for MSCs with a cardiomyogenic potential. In addition, MSCs should possess clinically useful biological functions such as osteogenesis. We showed that expression of alkali phosphatase and osteocalcin is a good indicator for osteogenic differentiation in vitro, and bone formation evaluated by micro-CT is an indicator for in vivo osteogenesis. Secondly, for process management of MSCs with proper quality control, we developed novel tag cards using Radio Frequency Identification (RF-ID) system. The manufacturing method was verified with the RF-ID system, to the greatest extent possible: Lot composition and lot regulations were recorded to clearly indicate whether a lot is made up of final products and intermediate products. The manufacturing process was clearly recorded for the details of the necessary process control and quality control. RF-ID obviously generates novel system of added value to assure process management, compared with other tag systems. Thirdly, we developed a discriminant function using comprehensive approach of gene expression for the overall quality control of final products using human MSCs. Fourth, we developed a novel method of comparative genomic hybridization analyses for genomic instability to assure safety of final MSC products. Lastly, we added a novel value to MSCs, i.e. differentiation into insulin-producing beta cells by using animal models. Through efficacy tests, we demonstrated functional expression and the anticipated clinical effect (Proof-of-Concept) as a drug or medical device of a human mesenchymal stem cell product using a suitably designed study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る