成果報告書詳細
管理番号20110000000021
タイトル平成21年度-平成22年度成果報告書 NEDO新エネルギー技術白書策定に係る調査
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2010
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名新エネルギー部
和文要約世界的に地球温暖化対策の強化が求められる中、我が国は2020年までに温室効果ガスを1990年比で25%削減するとの目標を掲げ、世界各国への積極的な取り組みを呼びかけている。我が国が、この高い目標の達成と、地球温暖化対策に関する国際的リーダーシップを発揮していく上で、再生可能エネルギーの技術力の高さは大きな強みとなる。
また、我が国は現在、エネルギー消費の大部分を海外からの輸入に頼っているが、資源生産地から国内の最終消費に至るまで、安定的なエネルギー供給体制を継続的に構築することが重要課題であり、こういったエネルギー安全保障の確保の観点からも、国産である再生可能エネルギーの普及拡大は欠かせないものである。
一方、再生可能エネルギーを産業の側面からみると、その多くが地方部に賦存することから、これまで、我が国の地域産業振興に貢献してきた点も見逃せない。地産地消システムの確立にともない、エネルギーの供給、輸送、消費に関連する新たな産業が産み出され、地域の雇用創出等を実現している。さらに、国内での導入拡大とともに、我が国の国際競争力を高め、グローバルマーケットへ展開していくことで、我が国の経済成長に貢献することが大きく期待されている。
NEDOでは、様々な再生可能エネルギーの技術開発や国際実証などを展開しているところであるが、昨今の再生可能エネルギーへの期待の高まりを背景に、既に世界的に導入が進められている主力の太陽光発電、風力発電、バイオマスエネルギーに加え、昨今新たな担い手として大きな注目を集め、世界市場も拡大する見込みである太陽熱発電、波力発電、海洋温度差発電、スマートグリッドを対象として、国内外の最新動向を詳細に調査するとともに、今後の技術開発の道筋を示す技術ロードマップを策定した。また、地熱発電、中小水力発電、その他の再生可能エネルギー等についても、改めて詳細な現状分析を行った。
国内での再生可能エネルギーの大幅な導入拡大に向けては、まだ課題は残されている。最大の課題はコストである。現状、化石燃料をベースとしたエネルギーと比較すると、再生可能エネルギーのコストは非常に高く、政府による導入支援制度等より導入が進んでいるのが実情である。将来に向けて、技術開発や社会システムの変革によりコストを引き下げ、公的支援がなくても自立的に導入が進む状況をつくることが必要である。グリッドパリティを実現し、真の意味での実力を付けることにより、再生可能エネルギー大量導入に向けての離陸がなされることとなる。既に確立された技術の高度化とともに、長期的な視点から革新技術の研究開発を進めて、コスト低減を実現していくことが重要である。
国内における再生可能エネルギーの導入促進とともに、今後は、国際展開の視点も重要である。エネルギー基本計画では、我が国に優位性があり、かつ今後も市場拡大が見込まれるエネルギー関連の製品・システムの国際市場において、我が国企業群が最高水準のシェアを維持・獲得するものとしている。
再生可能エネルギーの導入対象地域は世界中に存在し、マーケットはグローバル化の一途をたどっている。そのため、我が国の再生可能エネルギー技術の国際競争力を高め、積極的な国際展開を図ることは、我が国の経済成長の機会となる。
我が国には、いずれの再生可能エネルギー分野においても、世界的に遜色の無い水準の先端技術が存在している。今後はそのような技術の高度化を図りつつ、社会的に実現するための取り組みを推進していく必要がある。
英文要約
*Expectations for renewable energy are increasing while calls for implementing countermeasures against global warming are voiced strongly all over the world.
*Expectations are high for the domestic development of renewable energy from the point of view of strengthening Japan’s national energy security.
*By maintaining and strengthening the competitiveness of the Japan’s renewable energy industry, this industry’s participation in worldwide markets is expected to expand contributing to Japan’s economic growth.
*It is important to review strategies comprehensively including those for hitherto untapped energy technologies and those for the smart grid that is slated to become the infrastructure of mass introduction of renewable energy.

NEDO surveyed the current status of each variety of renewable energy sources and smart grid and their remaining challenges, compiled a technology roadmap for each to realize a vision for its future for the purpose of contributing to reviews,discussions and so on being advanced within the national government and among Japanese industries aiming at expanding future introduction of renewable energy and enhancing Japan’s international competitiveness.
*Main sources of renewable energy, that is , photovoltaic power generation, wind power generation and biomass
*Technologies that are attracting attention all over the world as new bearers of the future of renewable energy such as solar thermal power generation, wave power generation, ocean thermal energy conversion and other renewable energy sources
*Smart grids and “smart communities” within next-generation energy society that are to support the expansion of renewable energy introduction

1.Necessity of expanding the introduction of renewable energy
2.Photovoltaic power generation
2.1 Statuses of technologies
2.1.1 Overview of technologies
2.1.2 Potential
2.1.3 Example of introduction amount target
2.1.4 Actual instances of introduction
2.1.5 Trend in technology development
2.1.6 Price of system, unit price of power generation etc.
2.1.7 Promotion policy, related statutes and ordinances
2.1.8 Business model
2.1.9 Competitiveness of domestic technologies
2.2 Technology roadmap
2.2.1 Vision
2.2.2 Challenges for realizing vision and actions to be taken
2.2.3 Target and description of technology evelopment
(Identical breakdown for Chapters 3 to 7 and 9)
3.Wind power generation
4.Bioenergy
5.Solar thermal power generation
6.Wave power generation
7.Ocean thermal energy conversion
8.Other renewable energies, etc.
8.1 Solar-powered air conditioning
8.2 Small to medium scale hydraulic power generation
8.3 Geothermal power generation
8.4 Hot-spring thermal power generation/heat utilization
8.5 Utilization of snow/ice natural cold energy
8.6 Sea/tidal current power generation
8.7 Tidal power generation
8.8 Thermoelectric power generation
8.9 Piezoelectric power generation
8.10 Utilization of waste heat generated by plants etc.
8.11 Utilization of thermal energy conversion
9.Smart grid
10.Smart community
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る