成果報告書詳細
管理番号20110000000027
タイトル平成21年度成果報告書 戦略策定調査事業/二次電池の技術開発ロードマップ作成に関する調査
公開日2011/1/25
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P99029
部署名燃料電池・水素技術開発部
和文要約 本調査では、以下の手順で「二次電池技術開発ロードマップ」の作成を行った。昨年度NEDOが作成した「NEDO次世代自動車用蓄電技術開発ロードマップ2008」では自動車の電動化に求められる電池の要求性能を明らかにした。しかし、二次電池が活用される分野は多岐に渡り、それぞれの用途に求められる要求性能は明らかにされていない。今後も、我が国が二次電池分野に於ける高い競争力を維持し続けるためには、各用途での二次電池に求められる要求性能を明らかにする必要がある。
そこで、今回以下の項目に沿って新たに二次電池用途全般に対する技術開発ロードマップを作成することとした。
● 調査項目
・調査1:事務局における二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ(案)」「技術マップ(案)」の作成
・調査2:WGにおける二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ(WG案)」「技術マップ(WG案)」の作成
・調査3:委員会における二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ」「技術マップ」の作成
● 調査項目の内容
・調査1:事務局における二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ(案)」「技術マップ(案)」の作成
用途ごとの要求性能を知るためにリチウムイオン電池を主とした蓄電池に関する技術論文を収集した。有識者(LiBメーカー、LiBユーザーメーカー及び大学等公的研究機関の研究者等)へのヒヤリング調査を実施し、用途ごとの要求性能を織り込んだ「技術開発ロードマップ(案)」「技術マップ(案)」を作成した。
・調査2:WGにおける二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ(WG案)」「技術マップ(WG案)」の作成
二次電池分野における有識者を中心に「ワーキンググループ(=WG)」を設置し、2回にわたる議論を踏まえ、二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ」「技術マップ」のWG案を作成した。
・調査3:WGにおける二次電池用途全般の「技術開発ロードマップ」「技術マップ」の作成
二次電池関連の業界団体メンバーを中心に委員会を設置し、技術開発ロードマップ」「技術マップ」の各WG案を審議し、第1回の委員会後に実施したパブリックコメントを適宜反映させ、これを第2回委員会にて最終審議を行った上で、2010年度版の「技術開発ロードマップ」「技術マップ」を完成させた。
英文要約Summary
There is some result of needed specification for next generation automobiles , which NEDO developed plan for "Technology development roadmap for next generation automotive battery" . However, such roadmap has not carried out the specification survey for many of the applications, because of there are many applications which need battery. There is a needed to take a specifications survey for keeping control the Japanese international competitiveness on the battery field.
 For that purpose, the research work on "Technology development roadmap on the rechargeable battery for some applications" was conducted with the following steps:
●Survey areas
 Step 1: Development of "Technology development roadmap (secretariat draft)" and "The Technology map (secretariat draft)"
 Step 2: Development of "Technology development roadmap (WG draft)" and "The Technology map (WG draft)"
 Step 3: Development of "Technology development road map" and "Technology map"
●Survey informations
 Step 1: Development of "Technology development roadmap (secretariat draft)" and "The Technology map (secretariat draft)"
 To obtain the specifications on rechargeable battery technology, literature survey on rechargeable battery (especially on lithium-ion battery), and interviews to experts (especially from battery manufacturers, utility maker, universities researchers) were conducted.
 Step 2: Development of "Technology development roadmap (WG draft)" and "The Technology map (WG draft)"
 The Working Group was organized with experts from academia and industries. Through two face-to-face meetings, WG has reviewed the secretariat drafts and developed WG drafts on "Technological development roadmap" and "Material Technology map."
 Step 3: Development of "Technology development road map" and "Technology map"
 The advisory committee was organized with experts on the rechargeable battery and representatives from industry associations (battery and utility) to review WG drafts. After the first Committee meeting, public comments were also obtained through the NEDO Web-page. The drafts were revised to reflect the comments and inputs from the Committee and public comments. At the second meeting, the Committee reviewed the revised drafts to finalize the 2010 version of the technology development roadmap and technology map.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る