成果報告書詳細
管理番号20100000002366
タイトル平成21年度成果報告書 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等協力基礎事業「低損失配電変圧器による省エネ技術普及推進基礎事業(フィリピン)」
公開日2011/4/1
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P93049
部署名省エネルギー部
和文要約(1)調査目的:本調査は、フィリピンの配電網に対して高効率な低損失配電変圧器、特にアモルファス変圧器を導入し、エネルギー消費効率化を図る普及推進事業について検討する事を目的としている。 フィリピンはエネルギーの輸入依存度が高く、アジア諸国の中でも日本に次いで電力料金が高い為、省エネルギーの推進は重要な課題になっている。日本では20年ほど前から、電力会社を中心にアモルファス変圧器が導入され、認知度向上に伴い導入が進んできている。一方、フィリピンでは、一部の事業者が導入しているものの普及は進んでいない。 そこで、本調査ではフィリピン配電網へのアモルファス変圧器の導入可能性及びパイロット事業から普及戦略までの検討を実施した。 (2)調査対象及びサイト情報:フィリピンの配電事業者を調査対象とした。 現地調査サイトは、都市部の配電網を管理する配電会社(PIOU)13社の中から上位3社[ルソン地域、ビサヤ地域、ミンダナオ地域]、及び地方配電網を管理している配電会社(EC)119社の中から 4社[北ルソン地域、中央ルソン地域、南ルソン地域、ビサヤ地域]の計7社を選定し、現地調査を実施した。 (3) フィリピンのエネルギー事情:フィリピン政府はエネルギーの輸入依存度を抑える為、再生可能エネルギーの積極的な導入や省エネルギーの推進等の政策を進めている。配電事業者に対しては、配電ロスのキャップ値を設けて、効率改善努力を義務付けている。その為、配電事業者にとって配電ロスの低減は経営状況を左右する重要課題となっている。 (4)フィリピンでのアモルファス変圧器導入状況:マニラ首都圏を管轄する配電会社はアモルファス変圧器を2年前から購入を始めており、PIOUではアモルファス変圧器が注目され始めている。一方、ECでは、1996年に世界銀行の融資によりアモルファス変圧器の導入が行われたが、故障が頻発して印象が悪くその後導入されていない。 (5)パイロット事業サイトの選定:調査の結果、パイロット事業サイトとして、ルソン島南部を管轄する配電会社を選定した。本配電会社は規模が大きいECで、経営状況が非常に良くアモルファス変圧器を購入する資金力を有している。1996年の世界銀行の融資プロジェクトで導入して以降は、アモルファス変圧器は導入していない。 (6)効果試算結果:今後フィリピンでアモルファス変圧器の普及が進んだ場合、10年後には以下の省エネ効果及び温室効果ガス削減効果が得られる見込みである。省エネ効果13,346MWh/年 温室効果ガス削減効果6,446t~CO2/年 (7)フィリピンにおけるアモルファス変圧器普及可能性:フィリピンの配電事業者の多くは、変圧器の購入評価として、初期コストだけでなくランニングコストも評価する手法であるTOCを採用しており、配電ロスが低いアモルファス変圧器には有利となる。 PIOUでは既にアモルファス変圧器の購入が始まっており、今後アモルファス変圧器市場が拡大する事が予想される。一方、ECにおいても本調査ではアモルファス変圧器へ良い評価を得ており、パイロット事業で故障等の問題がない事を確認出来れば、その後普及拡大する可能性が考えられる。 (8)普及事業計画:パイロット事業でフィリピン市場への参入を図り、その後フィリピン全土への普及を図る計画である。
英文要約Title :Dissemination activity of promoting energy conservation technology by installing high efficiency transformer in Philippines (FY 2009) Final Report
SUMMARY: (1)Purpose of This Feasibility Study: In this study, we carried out the survey on the model project for promoting energy conservation technology by installing the Amorphous Steel Core Transformer(AMT) which is highly efficient transformer for the power grid in Philippines. In Philippines, the electricity rate is high because of the highly dependence on imported energy. Therefore, the promotion of energy conservation is a critical issue in Philippines. In Japan, AMT have been installed since about 20 years ago mainly by power companies and the number of installation is increasing. However, it has not yet spread in Philippines. Therefore, we conducted the survey and evaluate the viability of the promoting plan of the AMT in Philippines. (2)Site Information: We selected the 7 power distribution utilities (DU) in Philippines out of 132 DUs to survey. (3)Energy Situation in Philippines: Philippines government is promoting the installation of renewable energy and driving energy conservation to reduce their dependence on imported energy. The government sets a target cap of distribution loss for DU to be obligate to make an effort to improve their efficiency. Therefore improving of distribution loss is a key problem for their management. (4)Installation Situation of AMT in Philippines: MERALCO (Manila Electric Company) has started to procure AMT since 2 years ago and PIOU has started to turn their attention toward it in recently. On the other hands, EC have negative image of past troubles and have not installed AMT since 1996 when the World Bank made a loan and promoted the installation of them. (5)Selection of Pilot Site: We selected an EC who manages the power distribution grid in south Luzon area as the pilot site. This is one of the biggest EC and keeps good financial condition and it has enough financial power to procure AMT. However, it has not installed AMT since they first installed it by using the World Bank’s loan. (6)Results of Energy Saving and CO2 Emission Reduction: When AMT become widespread for the distribution grid in Philippines, following results will be obtained after 10 years. Energy Saving is 13,390 MWh/year and CO2 Emission Reduction is 6,467 t-CO2/year. (7)Probability of spreading the AMT in Philippines: Most of the DUs in Philippines use TOC method for their decision making when they invest or purchase projects/goods. TOC method is to evaluate the project using not only the initial cost but also the running cost. Therefore, there is an advantage for the AMT, since AMT can save the distribution loss dramatically and can reduce running costs.
PIOU have already started to procure AMT and it is expected to expand the transformers’ market. Also, the AMT gets good reputation from EC in this feasibility study. Thus, there will be no problem for the pilot project; it becomes more popular in Philippines. (8)Spreading Project Plan in Philippines: As the first step of the spreading project, field test is holding in pilot project. When the specification of the AMT is decided, we are trying to spread the AMT throughout the whole country in Philippines.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る