成果報告書詳細
管理番号20110000000164
タイトル平成21年度成果報告書 iPS細胞等幹細胞産業応用促進基盤技術開発
公開日2011/4/20
報告書年度2009 - 2009
委託先名社団法人バイオ産業情報化コンソーシアム
プロジェクト番号P08030
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約 幹細胞の技術の進展、特にiPS細胞の成功は再生医療の飛躍的発展のみならず、分化誘導した機能性細胞、あるいは疾患iPS細胞を活用した新たな創薬技術への応用に期待を抱かせている。しかしながら、iPS等幹細胞を医療・産業利用するにはいくつかの克服すべき課題がある。まず幹細胞の作製においては、安全で安定した幹細胞を効率的に樹立することが最も重要な課題である。そのために多面的なiPS誘導技術を開発、検証しなければならない。一方、幹細胞の産業利用のひとつとして創薬研究開発への応用が期待されている。現在、創薬研究で最も求められている課題のひとつは、開発候補薬がヒトに対して潜在的な致死性不整脈を誘発する可能性(心毒性)があるかどうかをより精度高く予測する技術を開発することである。ヒトiPS細胞等幹細胞から誘導した心筋細胞を用いて創薬スクリーニングシステムを開発することにより、創薬研究のより早い段階で開発候補薬の効率的で的確な絞り込みを行うことが可能となり、創薬研究の短縮や研究開発費の削減、さらにはより安全な医薬品の開発の促進が期待される。 本プロジェクトでは、様々な細胞組織に分化できるヒトiPS細胞等幹細胞の産業利用を促進することを目的として、安全で安定した幹細胞を効率的に樹立するための誘導技術の開発、及びその検証を行う。また、作製された幹細胞の性質を遺伝子レベル、細胞形態レベル、機能レベルで評価する基準を明確にし、安定、且つ機能的に優れた幹細胞を選択する技術を開発する。さらに、iPS細胞等幹細胞を心筋細胞などに効率よく分化させ、これを利用した創薬スクリーニングシステムの開発を行う。 本書に2009年度の研究開発成果を示す。
英文要約Title:Fundamental Research Project for Promoting Industrial Use of Stem Cells such as iPS Cells.(FY2009)Result Report
The progress of stem cell research, especially the success of iPS cells, indicates expectations not only in the rapid progress of the regenerative medicine but also in the application to drug development technologies using functional cells differentiated from stem cells, disease-related iPS cells. However, medical and industrial use of stem cells such as iPS cells should overcome several problems. First of all, it is the most important to make safe and stable stem cells efficiently from differentiated somatic cells. For this purpose, it is necessary to develop and confirm possible reprogramming technologies to establishanimal and human iPS cells. One of issues demanded most in pharmaceutical drug industry is to predict accurately whether there is a possibility that a candidate drug under development causes human potential fatal arrhythmia (cardiac toxicity) or not.It becomes possible to select the development candidate medicines at earlier stages of drug development by developing cardiotoxicity detection system using cardiomyocytes derived from the stem cells such as human iPS cells. This drug screening system would expect to shorten the drug research and development period, to reduce cost. This technology would promote safer drug development. First in the project, development and verification of reprogramming techniques for making safe, stable stem cells efficiently has been progressed for promotion of industrial use of stem cells such as human iPS cells. Secondly, the standard methods to evaluate characteristics of established stem cells at the levels of genes, cell morphologies and cell functions are clarified, and the technology for selecting stable and functionally excellent steam cells is developed. Thirdly, the cardiotoxicity detection system using the cardiomyocyte differentiated from stem cells such as human iPS cells is developed for the screening and selection of drug candidates. This report shows results of research and development activities in the fiscal 2009 year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る