成果報告書詳細
管理番号20110000000176
タイトル平成22年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術普及協力事業 技術実証事業FS PVCプラントにおける重合および乾燥プロセス省エネルギー技術実証事業(中国)
公開日2011/4/1
報告書年度2010 - 2010
委託先名三菱化学エンジニアリング株式会社株式会社 奈良機械製作所
プロジェクト番号P93050
部署名エネルギー対策推進部
和文要約(1)調査対象、サイト 中国のPVC生産企業から調査対象を選定した。 現地調査サイトは、中国国家発展改革委員会(NDRC)と協議の結果、無錫格林普艾化工、山西楡社化工、太原化学工業の3社を選定した。(2)調査目的 日本のPVC生産企業の生産性向上技術は、それぞれの企業で異なると思われるが、(a)重合系のレシピの合理化による省エネルギー対策、(b)サイクロン式ドライヤーから省エネルギー型の流動層式ドライヤーへの換装による省エネルギー対策の2つを組み合わせることで大幅な電力・蒸気の使用量を削減することが出来、併せて用役の削減による大幅なCO2削減を図ることができる。本調査は、国際エネルギー消費効率化等技術実証事業として、中国のPVC生産企業に当該技術の導入・実証を行うことの可能性を探る目的で実施したものである。(3)中国のPVC業界におけるエネルギー事情 中国では、PVC生産に於ける操業管理は、プラント建設時点でプロセスオーナーから提供を受けた生産手順に従って行っているところが殆どと思われる。PVCは自国産出の石炭から生産できることもあり、合成樹脂の中でも生産量が多いことも与って、その省エネルギー対策とCO2削減対策は中国にとって重要なテーマである。(4)中国の「PVC省エネルギー技術」普及の状況 過去中国のPVC生産企業に対して「PVCプラントにおける重合プロセス省エネルギーの技術」の紹介を行って来た。技術紹介を行った限りでは中国には斯かる技術に類似の効果を持つ技術は存在しないものと推定している。紹介したPVC生産企業からは省エネルギー技術として関心が示されたが、採用までに至らなかった。(5)中国での普及可能性 本技術実証事業実施により、重合プロセスと乾燥プロセスの省エネルギー技術と組み合わせて省エネルギー効果を高めることで普及性が高まるものと考えている。一旦具体的なモデルサイトが出来上がれば早期の普及は容易と考えられる。(6)実施サイト候補の選定 本技術設備導入の対象企業は、簡易調査の上、中国国家発展改革委員会と協議し、山西楡社化工を選定した。同企業が保有するPVC生産設備400千トン/年のうちで最も新しい220千トン/年設備に当該技術設備導入を行った場合、以下の省エネ効果および温室効果ガス排出削減効果が得られる見込みを得た。 省エネ効果(蒸気&電力:423TJ/y 温室効果ガス排出削減効果:30,770t~CO2/y (7)技術実証事業実施計画の具体化上述の調査結果を得るべく本格調査を行った直後に、本技術事業の対象と想定した山西楡社化工の220千トン/年設備が爆発事故を起こし現時点で計画を実行することは不可能と判断した。(8)CDMに関する調査・支援業務 中国のCDM制度について調査を行ったが、前項の爆発事故に伴い、準備中であったPDD(Draft版)の作成を中断した。
英文要約Title: International Project for Increasing the Efficient Use of Energy at a PVC Plant in China
(1)Candidates for feasibility study (FS); PVC manufacturers in China were targeted for a preliminary survey conducted prior to FS. After consultations with the National Development and Reform Commission of China (NDRC), the following 3 PVC plants were selected as candidates: Wuxi Greenapple Chemical Industry, Co., Ltd., Shanxi Yushe Chemical Industry Share Co., Ltd. and Taiyuan Chemical Industry Group Co., Ltd. (2)Objectives of the FS; Japan’s PVC manufacturers have developed technologies to improve productivity and energy efficiency. Combining two of those technologies - an advanced recipe in polymerization and replacing cyclone dryers with fluidized bed dryers) can significantly reduce the use of energy, resulting in the reduction of CO~ emissions. This FS would be carried out to explore the possibility of implementing NEDO’s international project for increasing the efficient use of energy at a PVC plant in China by introducing the combined technologies. (3)Energy situation in China’s PVC industry; In China, PVC has been produced mainly in accordance with the production procedures provided by licencers. As domestic coal is used to produce PVC and the volume of PVC production is high compared to other plastic production, implementing measures to reduce energy consumption as well as CO~ emissions in the industry is significant. (4)Promotion of PVC energy saving technology in China; Technology to save energy in the polymerization was introduced to some PVC manufacturers in China. Although the companies exhibited a keen interest, to date, they have not decided to employ the technology. To our knowledge, there are no similar technologies available in China. (5)Potential of technology dissemination in China; Combining technologies to reduce energy consumption in the polymerization and drying processes would further enhance the energy saving effects. If the efficiency of the technologies can be demonstrated at an actual plant through a possible model project, the introduced technologies will be promptly and effectively promoted throughout China. (6)Selection of candidate sites; In consultation with NDRC based on the results of the preliminary research conducted at the 3 candidates, Shanxi Yushe Chemical (total PVC production capacity: 400,000 tons/year) was selected as a project site. Once the said technologies have been introduced in its new PVC facilities with the production capacity of 220,000 tons/year, the following effects can be expected: Energy saving effects (steam & electricity): 423 TJ/year GHG emissions reduction: 30,770 t-CO2/year (7) Implementation of a model project; Just after the site survey in Shanxi Yushe finished, the facilities of Shanxi Yushe , which was supposed to be used for a model project, had an explosion accident. So the proposed project was cancelled. (8)Research and activities related to CDM; Based on the research, a draft PDD was supposed to be prepared. However, due to the said accident, the work was suspended.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る