成果報告書詳細
管理番号20110000000240
タイトル平成17年度~平成21年度成果報告書 水素社会構築共通基盤整備事業 燃料電池自動車に係る規制再点検および標準化のための研究開発 水素・燃料電池自動車の基準・標準化に係る研究開発(標準化)
公開日2011/4/20
報告書年度2005 - 2009
委託先名財団法人日本自動車研究所
プロジェクト番号P05012
部署名燃料電池・水素技術開発部
和文要約本論では、平成17年度から平成21年度において、水素社会構築共通基盤整備事業における水素・燃料電池自動車の基準・標準化に係る研究開発の一環として実施した、燃料電池自動車(FCV)に係る国際標準化活動について報告する。
 本事業推進のため、有識者や専門家で構成されたFCV基盤整備委員会を設置し、解析・技術部門として安全、高圧容器技術、燃料性状、性能の各WGを組織した。また標準化活動のためにFCV特別分科会を設け、用語、安全、高圧水素、燃料、性能の各標準化WGならびに充填プロトコルSWG(2007年度より) を組織し、各活動範囲毎に方針の審議、草案およびコメント作成を行い、国際会議に対応した。
 具体的に活動した国際標準化活動としては、まず、ISO/TC22/SC21(電気自動車)に関してWG1(FCVの安全)会議に参画し、FCV安全仕様に関して日本の素案にもとづき審議し、2006年にISO 23273-1~3として国際規格発行に寄与した。WG2(FCVの燃費・走行性能)においては議長国を務め、本事業で取得した技術データにもとづきFCV燃費測定法等の草案を提出し、日本の主導により2008年のISO 23828の発行に結びつけた。
 ISO/TC197(水素技術)に関して、WG12(水素燃料仕様)の議長国を勤め、本事業の技術データや欧米コメントにもとづき審議を重ね、2008年3月に技術仕様書(Technichal Specification:TS)を発行した。また、本TSのIS化に向け、審議を進め、2010年1月のWG12国際会議において、DISの素案作成貢献し、2010年10月のDIS登録の目処をつけた。
 また、ISO/TC197(水素技術)のなかで燃料仕様以外の燃料電池自動車固有の標準化活動として、WG5(水素充填コネクタ)ならびにWG6(高圧水素容器)の審議に参画し、日本自動車業界の総意をまとめコメント活動を継続し、日本提案の70MPa標準構造を含むDIS17268(水素充填コネクタ)発行ならびに、TS15869発行に貢献した。併せて、国際標準化と関連が強く、議論が先行しているSAE(米国自動車技術会)に参画し、日米における事前合意形成に努めた。
英文要約This report shows the international standardization activities on fuel cell vehicles per to the NEDO project from FY 2005 to FY 2009. To proceed this project effectively, JARI organized FCV steering committee with experts and organized safety WG, high pressurized tank technology WG, fuel quality WG and performance WG to discuss technical issues. To proceed international standardization activity effectively, JARI organized terminology standardization WG, safety standardization WG, high pressurized hydrogen standardization WG, fuel quality standardization WG, performance WG and fueling protocol SWG to discuss making drafts and comments on international standard.
Summary of progress:
ISO/TC22/SC21 (electric vehicle): For WG1 (vehicle safety), JARI proposed working draft based on JARI's technical data and contributed to issue IS23273-1 to -3 in 2006. For WG2 (fuel consumption and performance), Japan is taking the convener of working group and JARI proposed the draft of international standard with effective technical data to issue ISO23828 (fuel consumption of fuel cell vehicle) in 2008.
ISO/TC197 (hydrogen technology): For WG12 (hydrogen quality), Japan is taking the convener of working group and JARI supported him as secretariat. JARI provided effective technical data to support the discussion at working group, finally succeeded to issue TS14687-2 in 2008. Currently this document is moving to DIS stage in 2010.
For WG5 (fuelling connector) and WG6 (hydrogen tank on board), JARI made a consensus of Japanese stakeholders and contributed to issue DIS17268 (fuelling connector standard including 70MPa dimension proposed from Japan) and TS15869 (hydrogen tank on board technical specification). Beside ISO meetings, JARI mission experts to SAE (society of automotive engineers) meetings that were effective to proceed the discussion.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る