成果報告書詳細
管理番号20110000000327
タイトル平成22年度成果報告書 研究協力事業 タイ国におけるダイオキシン類測定・分析技術に関する研究協力 フェーズ2
公開日2011/4/20
報告書年度2010 - 2010
委託先名いであ株式会社
プロジェクト番号P93048
部署名環境部
和文要約タイ国は化学物質の有害性の問題を認識しており、健康と環境面において行動を起こすべき、重要性が高い問題と考えている。タイ国政府は国家実施計画(NIP)を採択、承認することにより、ダイオキシン類をはじめとしたPOPs問題への対処に力を注いでおり、NIPに基づく有害化学物質のモニタリング、削減、管理などが、タイ国における人の健康と環境保護面での喫緊の課題となっている。  本研究協力は、タイ国における標準的測定分析手法及び品質保証・品質管理手法を確立し、タイ国ダイオキシン実験室をタイ国の環境標準試験室 (Environmental Reference Laboratory) とし、タイ国が自立的に環境モニタリング、ダイオキシン類排出インベントリー測定、等に取り組み、環境保全に資することを最終的な目的として、実施するものである。  平成22年度の主な実施内容は、タイ国側実施機関との協議を踏まえて、高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計 (HRGC/HRMS) の購入、増設するダイオキシン実験室の部材購入、タイ国における技術セミナーの開催、タイ国におけるダイオキシン実験室の品質保証/品質管理 (QA/QC) システム等に関する情報収集、教育訓練プログラム素案作成などであった。  これらの実施を通して、 日本側提案通りにHRGC/HRMSのさらなる導入及び低濃度用実験室設置が確定し、BSIDダイオキシン実験室のハード面での能力が確実に増強されることになった; ソフト面では、タイ側の今後取り組みたい対象媒体が明らかになり、23年度に予定している日本国内研修で実施すべき事項が明確になった; 3日間の技術セミナーを通じて、本研究プロジェクトの意義がタイ国関係機関・関係者に広く認識され、ダイオキシン測定技術全般に関する基礎を実務者に伝えることができた。
英文要約Thailand has recognized and is aware of the problem of chemical hazards, and considers the health and environmental concerns that they pose as a high priority for action. Thailand government has committed to address the issues of POPs such as dioxins by adopting and endorsing the National Implementation Plan (NIP). Monitoring, reduction and control of unintentional hazardous chemicals according to NIP are now the pressing issues for human health and environmental protection in Thailand. This cooperative research is conducted to establish the standard analytical methods and the quality assurance/quality control (QA/QC) system in Thailand, and to assist to make the dioxins-laboratory of BSID the Environmental Reference Laboratory in Thailand so that Thailand will autonomously cope with environmental monitoring, measurement of emission inventory of dioxins and so on, and contribute the environmental preservation of Thailand. In FY 2010, in consultation with the Thai implementing organization, a high- resolution gaschromatograph/mass spectrometer (HRGC/HRMS) and member of the dioxins laboratory to be constructed were procured, and the technical seminar in Thailand was organized. Also, the information about the current situation such as the QA/QC system of the dioxins laboratory, etc. in Thailand was gathered and a plan of training was drafted. Through implementing these items, additional introduction of HRGC/HRMS and construction of a dioxin laboratory for low concentrations which Japanese side proposed were determined so that the competence of the BSID dioxins-laboratory in terms of hardware will be surely enhanced; in terms of software, target media with which Thailand intended to cope in the future have become apparent and items of the training in Japan which is scheduled in FY 2011 have become clear; via the three day seminar, significance of this project was recognized widely by relevant organizations and persons in Thailand and the basis on overall dioxin analysis and measurement technology was shared with the practitioners.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る