成果報告書詳細
管理番号20110000000544
タイトル平成22年度成果報告書 省資源型・環境調和型資源循環プロジェクト 廃プラスチックの総資源化 能代市から発生する製品プラスチックの回収実証および高度化製品に関する研究開発
公開日2011/4/20
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社リサイクルワン 秋田エコプラッシュ株式会社
プロジェクト番号P10015
部署名環境部
和文要約(製品プラスチック等の回収実証試験)
本研究開発では、一般廃棄物に含まれる廃プラスチックのリサイクル推進を図るため、住民及び事業者から廃プラスチックを回収し、リサイクル施設にてリサイクル製品を成形加工する実証実験を行った。
回収は秋田県能代市の協力を受けて行った。住民からの回収は、モデル地域を設定し、戸別回収とステーション回収を実施した。回収対象は、容器包装プラスチック以外のケース等のプラスチック製品(以下、製品プラスチック等)である。事業者からは、廃プラスチックを分別してもらい、車両巡回にて回収した。協力業種は、能代市内のスーパーマーケット、小売店舗、クリーニング店、自動車部品工場等である。なお、回収実験の結果、製品プラスチック等の排出量原単位は、1.65kg/人・年程度と算出された。
能代市民に対して、プラスチックのリサイクルに関するアンケート調査を行ったところ、今後も製品プラスチック等をリサイクルした方がいいという意見が約9割を占めた。リサイクル方法には、焼却処理よりも新たなプラスチック製品に変わる材料リサイクルが望まれていた。
(リサイクル実証試験、物性試験)
回収した製品プラスチック等を、容器包装プラスチックの材料リサイクル施設にて成形可能かの実証試験を行った。実験の結果、既存施設にて成形可能であることが示された。さらに、回収した製品プラスチック等は、住民によって丁寧に分別されていたことから残渣が少なく、容器包装プラスチックと比べてリサイクル率が約2割高かった。また、製品プラスチック等を容器包装プラスチックに混合することにより、強度や樹脂の流れやすさが向上することも確認され、容器包装プラスチックの材料リサイクルの高度化にも寄与することがわかった。
(高度な製品開発)
 製品プラスチック等と容器包装プラスチックの混合により、リサイクル製品の強度向上が確認された。これにより、例えば雨水貯留槽は、より深層部への施工が可能となる。この特性による同製品の市場での競合優位性を確認したところ、強度及び価格面にて優位性が確認でき、今後のシェア拡大が期待された。
 この他、従来アルミフレームやステンレス製であった植物工場用の架台についても、プラスチックによる代替品の開発検討を行った。検討の結果、架台をモジュール化し、水平方向と垂直方向にジョイント可能な設計を行うことで、従来品の1/3の価格で必要機能を満たす製品が開発できた。
(必要コストの把握、経済効果、二酸化炭素削減効果) 
 自治体負担である容器包装プラスチックの回収から選別、圧縮梱包、リサイクルまでの従来コストを明らかにするとともに、製品プラスチック等を容器包装プラスチックと別回収した場合と一括回収した場合のコスト推計も行った。
 経済効果試算について、秋田県全域で、これまでリサイクルされてこなかった容器包装プラスチックと製品プラスチック等の分別収集を別々に実施した場合、県内事業者に対する経済効果は、約6.7億円と算出された。
 材料リサイクルによる二酸化炭素削減効果については、容器包装プラスチック1tあたり3.0t、製品プラスチック等1tあたり3.7tの二酸化炭素が削減されると算出された。製品プラスチック等のリサイクルを推進した場合の二酸化炭素削減効果規模については、能代市全域で398t/年、秋田県全体で7168/年の二酸化炭素が削減されると算出された。
 以上の結果、製品プラスチック等のリサイクル推進をする場合の経済効果及び二酸化炭素削減効果は極めて高い結果となった。コスト推計も行った。
 経済効果試算について、秋田県全域で、これまでリサイクルされてこなかった容器包装プラスチックと製品プラスチック等の分別収集を別々に実施した場合、県内事業者に対する経済効果は、約6.7億円と算出された。
 材料リサイクルによる二酸化炭素削減効果については、容器包装プラスチック1tあたり3.0t、製品プラスチック等1tあたり3.7tの二酸化炭素が削減されると算出された。製品プラスチック等のリサイクルを推進した場合の二酸化炭素削減効果規模については、能代市全域で398t/年、秋田県全体で7168/年の二酸化炭素が削減されると算出された。
 以上の結果、製品プラスチック等のリサイクル推進をする場合の経済効果及び二酸化炭素削減効果は極めて高い結果となった。
英文要約(Demonstration experiment of collecting plastic products)
In this research and development, to promote recycling of waste plastic included in general waste, demonstration experiment was conducted. By collecting waste plastics from residents and business entities, the experiment intended to mold and process recycle products in recycling facilities.
Noshiro city, Akita Prefecture cooperated in the collection. As from residents, model areas were set and collected door-to-door and by via station. Collection targets were plastic products such as cases excluding plastics containers and packaging (hereinafter referred as plastic products). As from business entities, waste plastics were separated and collected by car circulation. Supermarkets in Noshiro city including retail stores, dry cleaners and automobile parts factories were cooperating business entities. And the emission intensity per capita of them was calculated as 1.65kg/year.
About 90% of the Noshiro city citizens answered that they prefer plastic products to be recycled from now on, after questionnaire survey of plastic recycling. They hoped for a new material recycling changing to new plastic products than incineration treatment.
(Recycle verification test, physical properties test)
Verification test was conducted to examine whether collected plastic products is possible to mold and process in material recycling facilities of plastic containers and packaging. Result of the experiment showed the possibility in existing facilities. In addition, as residents sorted the plastic products carefully, residue was few and recycling rates were 20% high compared to plastic containers and packaging. Furthermore, by mixing plastic products to plastic containers and packaging, improved strength and MFR was confirmed and proved to contribute to sophisticate plastic containers and packages in material recycling.
(Sophisticated product development)
 Due to mixture of plastic products with plastic containers and packaging, strength of recycled products proved to improve. This shows that, for example, at rainwater storage tank, it will be possible to execute construction work in more deep layers. When competitive edge of this characteristic was confirmed at the market of this product, superiority in strength and price was determined and is expected to expand to a larger share in the future.
 In addition, regarding the conventional aluminum and stainless-made rack for plant factories, development of alternative plastic product was studied. As a result, modularized rack and the design to joint horizontal and vertically enabled the product to develop meeting the necessary functions at the price of one-third of conventional product.
(Understanding necessary cost , economic impact and CO2 emission effects)
 While revealing conventional cost of collection of plastic containers and packaging which is the bearing of municipalities, to cost of sorting, compression and packaging and recycling, the cost was estimated either when plastic products were collected separately or together with plastic containers and packaging.
 Concerning trial calculation of the economic impact to business entities, when separately conducting sorted collection of plastic containers and packaging and plastic products, not recycled previously, it was calculated as about 670 million yen in the Akita Prefecture.
 CO2 emission effect by material recycling was calculated as 3.0t-CO2/t of plastics containers and packaging, 3.7t-Co2/t of plastic products. When promoting recycling of plastic products, scale of CO2 emission effect was calculated as 398t/year in the Noshiro City, and 7168t/year in the Akita Prefecture.
 Based on the results so far, when promoting recycling of plastic products, the economic impact and CO2 emissions effect proved to be extremely high.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る