成果報告書詳細
管理番号20110000000146
タイトル平成20年度~平成21年度成果報告書 新規悪性腫瘍分子プローブの基盤技術開発 分子プローブ要素技術の開発 悪性腫瘍特異的人工ペプチド・アプタマーの「その場」創出及びナノ材料を用いた分子プローブ化技術の開発
公開日2011/5/3
報告書年度2008 - 2009
委託先名財団法人癌研究会
プロジェクト番号P08029
部署名バイオテクノロジー・医療技術開発部
和文要約1.研究開発の成果と達成状況
1-(1) 研究開発の成果
 ・ 要約(和文)
プロジェクト名:分子イメージング機器研究開発プロジェクト/新規悪性腫瘍分子プローブの基盤技術開発/分子プローブ要素技術開発
研究開発期間: 2008 年10 月~2010 年3 月
 分子プローブ開発の一層の強化・促進のために、その基盤となる要素技術として、がんに特異的に発現する分子等の標的に直接作用する「標的認識ユニット」と、標的認識ユニットと蛍光特性を有するシグナルユニットを一体化させ分子プローブとして機能させる「分子プローブ化技術」の二つの新技術の開発を進めた。具体的には、【1】悪性腫瘍特異的人工ペプチド・アプタマーの「その場」創出、【2】得られた悪性腫瘍特異的人工ペプチド・アプタマーのナノ材料を用いた分子プローブ化技術の開発とその評価、の2項目である。
 以下に、それぞれの成果の要約を述べる。
【1】悪性腫瘍特異的人工ペプチド・アプタマーの「その場」創出(・標的認識ユニットの開発)
 人工進化系を用いて、悪性腫瘍を特異的に認識する人工ペプチド(標的認識ユニット)を開発した。具体的にはU937細胞株に結合する人工ペプチド(#81)、およびEpCAMに結合する人工ペプチド(#133)を得た。特に、#81についてはin vivo光イメージング技術を応用した評価系を構築し、生体内でU937細胞を認識することを明らかにした。
【2】ナノ材料を用いた分子プローブ化技術の開発(・分子プローブ化技術の開発)
 ペプチド性標的認識ユニットの分子プローブ化技術を開発した。具体的には、【1】で得られたペプチド性標的認識ユニット#81を、ケージ状ナノ化合物多価提示システムを用いて、シグナルユニットと一体化させる分子プローブ化技術の開発に成功した。
英文要約Development of molecular imaging tools.
Establishment of platform technology for isolation of novel anti-tumor molecular probes / Development of elementary methodologies for molecular probing.
(Oct. 2008 ~March. 2009)
We developed two novel technologies, “tumor recognizing unit” that specifically interacts with tumor-specific molecule(s), and “molecular probe unit” that couples the tumor recognizing with fluorescence signaling unit, and integrates them into a molecular probes. The goals we set were 1) Creation of tumor-specific peptide aptamers using an in vitro evolution system, and 2) Construction of integrated molecular prove by conjugating a peptide aptamer with nano-materials, and their in vivo characterization.
1) Creation of tumor-specific peptide aptamers using an in vitro evolution system
 We created peptide aptamers that recognize a malignant tumor cell, or a maker protein of tumor cells by using an in vitro evolution system. The peptides created include i) #81 that specifically recognized U937 cell line, a lymphoma-derived cell line, and ii) #133 that binds to EpCAM protein. We also established the in vivo imaging system for #81, and confirmed that the peptide was able to recognize U937 cells in mice.
2) Construction of integrated molecular probes by conjugating a peptide aptamer with nano-materials, and their in vivo characterization
 We constructed molecular probe using the above mentioned #81 peptide. For this purpose, we used a ferritin hat is a nano-sized caged molecule composed of 24 subunits. The DNA cassette coding #81 was inserted at the N-terminal region of ferritin subunit, and resultant fusion protein was expressed in bacteria and purified.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る