成果報告書詳細
管理番号20110000000491
タイトル平成21年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46022a 有機材料を利用したプリンタブルレーザシステムの開発 平成21年度中間
公開日2011/5/27
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人九州大学興雄司
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約これまで課題であった青色レーザの長寿命化については2.7×10^4ショットという長寿命化を確認した.また,レーザを駆動するドライバの一環として「フレクシャフレーム」方式を提案し,これを利用したDPSS汎用小型ドライバを設計し,パームトップ電源を含めた小型システムパッケージを実現した.光検出器については,信号を増強できるスタック構造をインクジェット法で作製できることを見いだし,0.6nmの分解能をほぼ達成した.
英文要約Newly synthesized dye for blue shows longest durability of 2.7x10^4 shots. Laser head with “flexure frame” was proposed and developed for versatile DPSS laser driver for printable dye laser system. The stacked printing and hybrid printing were also introduced for ink-jet fabrication of organic photodiodes. The spectral resolution of 0.6nm was also estimated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る