成果報告書詳細
管理番号20110000000494
タイトル平成21年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07C46054a 三次元画像技術を活用した低侵襲高精度診断治療用手術支援システムの開発 平成21年度中間
公開日2011/5/17
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人東京大学廖洪恩
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約手術のための三次元Integral Videography (IV)による画像オーバーレイシステムを開発し、術中のリアルタイム情報を提供することにより高精度の手術支援システムを構築した。また、三次元IV画像の統合ビジュアライゼーションおよび三次元IVディスプレイへのシステム統合を行った。さらに、手術器具の術中リアルタイム表示及び術者の視野変化に対応する三次元IV画像表示等の問題点を解決し、自然なリアルタイム三次元画像を患部にオーバーレイ表示する能力を有し、同時に術中に手術器具の経路誘導及び危険部位の回避という役目を果たす手術支援システムを実現した。
英文要約We developed an Integral Videography (IV) image overlay system for image-guided surgery. The IV image overlay technique was integrated into a surgical navigation system by superimposing an actual 3D image onto the patient. The feasibility studies showed that augmented reality of the IV image system could increase the surgical instrument placement accuracy as a result of intuitive 3D viewing. We also evaluated the integrated system of the three-dimensional IV displaying and medical image processing. The IV image of the surgical instrument inserted into the patient could be displayed and updated according to the changing of its position and orientation. Feasibility evaluation of oral surgery with IV image overlay intervention was also implemented. One strength of the IV images in this system is that effects can be visualized through multiple layers, along with the surgical instrument and critical regions.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る