成果報告書詳細
管理番号20110000000510
タイトル平成21年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07A20008a カプセル型分子素材を用いた過塩素酸除去剤の開発 平成21年度中間
公開日2011/5/17
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人静岡大学近藤満
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約処理水のpH を調整することで、1 ppm レベルの過塩素酸イオンを10ppb レベルに除去できる除去法を開発した。また、実用化に向けて銅イオンの溶出を基準値以下に押さえることが望まれていたが、無機固体の組み合わせ、および水に不溶の塩基性炭酸銅を利用することで、銅イオンの溶出を基準値以下に押さえることに成功した。
英文要約1 ppm level of perchlorate ion in an aqueous solution was reduced to 10 ppb level by adjusting pH of the solution. The
dissolution of copper ion from the ClO4- removal materials, i.e.Cu-bitb polymer or mixture of Cu source and bitb, was inhibited
by using inorganic porous materials such as molecular sieves orutilization of basic copper carbonate as a copper source.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る