成果報告書詳細
管理番号20110000000563
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06A23506a 自己組織化ナノ構造テンプレートを用いた超高密度グラニュラ媒体の開発 平成21年度最終
公開日2011/5/17
報告書年度2006 - 2009
委託先名国立大学法人東北大学齊藤伸
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約連携企業所有の媒体試作ラインにおいても、p-/n-Ku積層型交換結合媒体の基礎特性を確認できた。
自己射影効果を促進した物理的分離テンプレート作製技術を確立した。
Co基遷移金属合金結晶粒では、積層欠陥を完全に排除することで、さらなる一軸結晶磁気異方性の増大が見込まれることが明らかとなった。
媒体への適用のために、Co基六方晶磁性結晶粒をエピタキシャル成長させつつ自己組織化配列させる手法として、立方晶系シード材料には(111)面、六方晶系シード材料にはc面に対して、窒素ラジカル照射によるガス吸着法の有効性を見出した。
英文要約Switching field modulation effect was observed in p-/n-Ku stacked media fabricated in pilot line by cooperative media maker.
Oblique-incidence sputtering with a 60 deg incident angle under an Ar gas pressure of 0.6 Pa yielded (1) columnar Ru grains with a growth direction of 30 deg from the film normal, (2) c-plane sheet texture by epitaxial growth, and (3) flat envelope of the surface and a deep gap at grain boundaries, which means realization of physically separated template structure.
Perfect hcp stacking without stacking faults is quite important to enhance uniaxial magnetocrystalline anisotropy Co-based magnetic alloy grains.
N-radical irradiation is also effective to fcc(111) and hcp(00.2) planes for fabrication of self-assembled seed layer.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る