成果報告書詳細
管理番号20110000000704
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06A06503d 交流磁場焼灼療法のための発熱材料の開発 平成21年度最終
公開日2011/5/17
報告書年度2006 - 2009
委託先名国立大学法人愛媛大学前原常弘
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約 子宮頸癌に加え、今回、新たに口腔底癌をターゲットとし、磁性体針と交流磁場を用いた温熱の効果を確認した。特に、温熱と放射線併用療法についての動物実験を行っており、その可能性が明らかとなった。材料開発として、針の発熱についてのシミュレーション研究を進め、発熱機構を把握するにいたった。また、スプレードライを用いて20~30μmの球状材料を得るための方法をほぼ確立した。また、マグネタイト等についてビーズミル粉砕による発熱特性の向上を見出している。
英文要約We developed the needle-shaped materials for mouse tumor model. Using this needle, we studied the effectiveness of hyperthermia with radiation therapy for oral squamous cell cancer. Statistically significant differences in tumor volume were observed between the hyperthermia with radiation group and control group. We also developed the needle materials for the other target, and studied the computer simulation to estimate the heat generation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る