成果報告書詳細
管理番号20110000000737
タイトル平成22年度成果報告書 省資源型・環境調和型資源循環プロジェクト 使用済み小型家電からのレアメタルリサイクルシステム構築 レアメタル回収事業者(茨城県)
公開日2011/5/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名JX日鉱日石金属株式会社
プロジェクト番号P10015
部署名環境部
和文要約 本プロジェクトは、平成21年度に実施した使用済電子・電気機器からレアメタルリサイクルのシステム構造に係わる調査(茨城県)(独立行政法人 石油天然ガス・金属物質資源機構より委託、委託業務期間:平成21年12月15日から平成22年3月19日まで)の成果を踏まえて、平成22年度に環境省で実施する「平成22年度 使用済み電子・電気機器の回収モデル事業運営業務」(以下「回収モデル事業」という)と連携して平成22年度 省資源型・環境調和型資源循環プロジェクト 使用済み小型家電からのレアメタルリサイクルシステム構築 レアメタル回収事業者(茨城県)を実施する。回収モデル事業の対象地域は、茨城県とし、同事業の委託先である株式会社リーテムと連携して実施する。 同事業で回収された使用済み小型家電の中間処理/選別・濃縮工程の産出物を対象に分析を行い、その結果を用いて、銅、鉛などの非鉄製錬での処理、及びレアメタル等の回収の可能性を検討する。 <検討方法>「中間処理/選別・濃縮工程」については、茨城県の「回収モデル事業」委託事業者である株式会社リーテムで実施する。当社では「中間処理/選別・濃縮工程」で得られたレアメタル等濃縮物を用いて、非鉄製錬の手法により最大限にレアメタル等を回収することを検討する。平成21年度の調査においては、同社で実施した「中間処理/選別・濃縮工程」で得られた生産物のうち、静電分離後のミックスメタルのみをレアメタル等回収の検討対象としたが、本事業においては、「中間処理/選別・濃縮工程」の各工程から発生する約15種類の生産物を対象にレアメタル等の回収検討を行う。具体的な検討方法については以下の通り。 1)「回収モデル事業」委託事業者より、濃縮物及び、選別・濃縮工程で発生したレアメタル等濃縮物(計15種類)を引き渡してもらう。2)1)について、目視観察、レアメタル等の含有濃度の分析を行う。回収対象となる金属はCu、Au、Ag、Pt、Pd、Pb、Zn、Sb、Ni、Sn、In、Cd、Bi。3)銅、鉛等の非鉄製錬にて提供された濃縮物等からレアメタル等を回収する場合について、処理の可能性、及びレアメタル等の回収率を推察する。4)以上より得られた結果を用いて、実際に回収されるレアメタル等の量、回収にかかったコスト、回収された金属の価値等を可能な範囲で試算する。 <検討結果>提供されたレアメタル等濃縮物15種全てについて、銅・鉛製錬所の原料として処理が可能であることを確認した。銅・貴金属では銅製錬での回収が優位であり、アンチモン・ビスマス等のレアメタル類は鉛製錬での回収が優位であるという結果が得られた。また、提供を受けたレアメタル等濃縮物には銅・貴金属等が含有されており、銅・貴金属等の含有量が所定値(評価可能となる下限)を満たせば、原料として購入が可能である。但し、銅・鉛製錬所でのレアメタル回収可能レアメタルは限定的となる。
英文要約Title:Resource-Saving and Environmentally-Friendly Resource Recycling Project: Construction of a Rare Metal Recycling System from Used Small Household Appliances for Rare Metals Recycling Businesses (Ibaraki Prefecture) FY2010 Final Report
This project is implemented based on the results of the “Study Relating to the Structure of a Rare Metal Recycling System from Used Electric and Electronic Appliances (Ibaraki Prefecture)” implemented in FY2009 (commissioned by JOGMEC, commission period: December 15, 2009 to March 19, 2010), and in collaboration with the “2010 Used Small Household Appliances Collection Model Project (Ibaraki Prefecture)” to be implemented by the Ministry of the Environment in FY2010. The Collection Model Project is to be implemented in Ibaraki Prefecture in collaboration with Re-Tem Corporation, to which this Project is commissioned. The products collected from intermediate processing/sorting and concentration processes in the Project will be analyzed and, based on the results, the possibilities of processing copper, lead, etc. in non-ferrous smelting and recovering rare metals will be studied. [Study methodology] The “intermediate processing/sorting and concentration processes” will be studied by Re-Tem Corporation, which is the commissioned enterprise of the “Collection Model Project” in Ibaraki Prefecture. The specific steps of the study are as follows: 1) Receive concentrates of rare metals and such (15 types in total) that are generated in the “intermediate processing/sorting and concentration processes,” from the commissioned enterprise of the “Collection Model Project.” 2) Conduct visual observation of the concentrates received in Step 1) and analyze the content ratio of rare metals and such. Metals to be recovered are: Cu, Au, Ag, Pt, Pd, Pb, Zn, Sb, Ni, Sn, In, Cd, and Bi. 3) When recovering rare metal etc. from concentrates such as copper and lead provided by non-ferrous smelting enterprises, examine the possibility of processing such concentrates and estimate the recovery rate of rare metals and such. 4) Based on the results obtained above, calculate to the extent possible the amount of rare metals and such to be actually recovered, the cost of recovery, the value of recovered rare metals and such, etc. [Results of the study] It was confirmed that all 15 types of concentrates of rare metals and such provided can be processed as raw materials for copper and lead smelters.The results indicated that copper smelter was better suited for recovery of copper and precious metals and lead smelter was better suited for recovery of rare metals such as Sb and Bi.If the concentrates of rare metals and such provided contain copper, precious metals and such, and if the contents meet the designated values (the lower limits of evaluation), the concentrates can be purchased as raw materials. However, the amount of rare metals that can be recovered in copper and lead smelters will be limited.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る