成果報告書詳細
管理番号20110000000769
タイトル平成21年度成果報告書 平成20年度第2回採択産業技術研究助成事業 08C46583c ナノチタニア電解質と金属ナノ粒子を用いた水電解装置の研究開発 平成21年度中間
公開日2011/5/27
報告書年度2009 - 2009
委託先名国立大学法人九州大学松本広重
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約無機ナノチタニア系プロトン伝導体を電解質として用いた水電解セルについて検討を行った。前年度に開発した含水酸化チタンについて熱処理条件を最適化するとともに、新規チタン~リン系酸化物の調製に成功した。電極材料としては、酸化タングステン粒子への光電着により白金やパラジウムを担持した電極触媒試料が調製可能であることを示した。電解セルの構造として、電極/ガス拡散層に半撥水層を形成し、多孔質電解質を用いるタイプの電解セルを考案、試験し、この形状のセルにより、低い電圧で水電解を行うことが可能であることが明らかとなった。
英文要約Water electrolysis using inorganic nano-titania electrolyte has been investigated. Optimization of hydrous titania was performed. For electrode, photo deposition of Pt, Pd and Au was demonstrated on to tungsten oxide particles and was confirmed to be effective for high electrocatalysis. Electrolysis cell consisting of porous electrolyte has been invented and was tested to reveal its usefulness in obtaining high energy efficiency.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る