成果報告書詳細
管理番号20100000001446
タイトル平成18年度~平成21年度 「ナノフォトニクスを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開」
公開日2011/6/29
報告書年度2006 - 2009
委託先名東京大学
プロジェクト番号P06046
部署名総務企画部
和文要約ナノフォトニクスに関する産学連携を推進するため、企業から19名の技術者を東京大学に受け入れ、19件の共同研究契約を結んだ。将来のナノフォトニクス技術開発に従事するにたる有能な人材育成のため、これらの技術者に対して研究研修を実施した。その結果新規の成果が得られ特許7件も申請した。技術者との間で180回にわたる詳細な技術打ち合わせを行った。
ナノフォトニクスの原理から応用にわたる一般情報を提供するために、東京大学大学院教育カリキュラムの一環として、大学院講義を実施した。100分授業を年間12 回、4年度にわたり実施した。受講者の平均数は26名であった。また、関連技術の情報提供のために、一線級の研究者を講師として招待し、オープンセミナーを25回開催した。一般からの参加者数上限を20 名とし、講師との質疑応答の時間を十分とった。これらに加え、ナノフォトニクスとその産学連携に関する我々の最近の活動を紹介するために、シンポジウムを3回(18,19,20年度)開催した。これは通常1名の基調講演者と数件の関連講演から構成され、毎回産業界から250~300 名の参加があった。21 年度には、研究室の研究成果の紹介に特化した新技術説明会を開催した。我々の研究スタッフによりナノフォトニクスに関する基礎研究も同時に推進し、可能な応用技術を模索した。その主なものは次の通りである。
(1)新規機能光システムへの応用
システム応用のために、近接光相互作用によるエネルギー移動を利用したナノフォトニックデバイスの基礎的機能を分析し、さらにこれらのデバイスを作成するための新規加工技術について研究した。
(2)近接場光相互作用を利用した新規デバイス動作の実証
量子ドット間の近接場光相互作用の大きさを制御し、新規のデバイス動作を検証した。金属ナノ構造を利用し、近接場光の階層性を実験的に評価した。
(3)ナノフォトニクスを用いた材料表面平坦化技術の展開
分子ガスと近接場光との相互作用を利用し、数種の物質の表面を光化学的に研磨し、また表面形状を制御した。これらの新規技術を検証するため、ガラス、セラミックス、および化合物半導体を加工対象として用いた。
英文要約To promote industry-academia collaboration on nanophotonics, we accepted nineteen engineers from industry as visiting researchers at the University of Tokyo. Nineteen contracts for collaboration were concluded. These visitors were given research training in order to develop human resources for future nanophotonics technology. As a result,several products were developed and seven technical patents have been submitted. One hundred eighty meetings were held with the industries for detailed technical
discussions.
To provide general information on nanophotonics, from basic principles to applications,we organized lectures as part of the graduate school curriculum at the University of Tokyo.Twelve 100-minute lectures were given. The average attendance was twenty-six. In order to provide information on related technologies, twenty-five open seminars were held with prominent scientists invited as lecturers. The attendance was limited to about 20 to allow sufficient time for questioning the lecturers. Three symposia have been held in order to review our recent activities on nanophotonics and to promote collaboration with industry,each of which was consisted of a plenary talk and several related presentations. While the
symposia were very popular ones with about two hundred-fifty to three hundred attendees from industry, a relatively small-sized technical meeting focusing on updated research results was held in 2010 as well.
Basic research on nanophotonics was also conducted by our research staff in order to explore more applications. This included:
(1)Application to novel functional optical systems
The basic functions of nanophotonic devices were analyzed for system applications utilizing energy transfer via optical near-field interactions, and novel fabrication methods were studied to realize these devices.
(2) Demonstration of novel device operation using optical near field interactions
Novel device operations were studied by controlling the magnitude of the optical near-field interactions between quantum dots. The hierarchical properties of optical near fields were evaluated experimentally using metallic nanostructures.
(3)Controlling the surface profile and conformation of materials Utilizing optical near-field interactions with molecular gases, several material surfaces were polished photochemically and the surface conformation was controlled.Glasses, ceramics, and composite emiconductors were used to confirm these novel control technologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る