成果報告書詳細
管理番号20100000001447
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 「ナノガラス技術、三次元光デバイス製造技術等に関する研究開発の総合的展開」
公開日2011/6/29
報告書年度2006 - 2009
委託先名京都大学
プロジェクト番号P06046
部署名総務企画部
和文要約「ナノガラス技術」、「三次元光デバイス高効率製造技術」プロジェクトで蓄積された技術を核として、プロジェクト成果の普及発展に資する基礎的、派生的研究等を関係企業等との密接な連携の下に実施し、それを支える人材の育成や技術・人材ネットワークの構築を図る諸活動を実施した
(1)ナノガラス技術、三次元光デバイス製造技術等に関する人材育成
1.公開セミナー
 ナノガラス技術、三次元光デバイス技術や関連技術の人材育成を目的として、「分析評価技術セミナー」、「分析機器実習セミナー」および「計算材料科学セミナー」等を2006年から2009年の4年間で計31回開催した。機器実習は人数に制限があるため、5~10名の参加者であったが、他のセミナーは毎回40人余の参加者があった。4年間で、のべ170団体(産136、官15、学19)の参加があった。
2.学部および大学院講義
 全学共通科目「ナノテクノロジー入門」および大学院生向けの講義「無機材料化学」、「先端電子材料学」の一部を担当した。
3.出前講義
 民間企業の技術者を対象として、ナノガラス技術、三次元光デバイス製造技術分野の紹介をはじめとした出前講義を2006年から2009年の4年間で計13回実施した。
(2)研究ネットワーク構築及び人的交流の促進
1.総合シンポジウム
 2006年から2009年の間、1回/年で総合シンポジウムを開催した。いずれの年も産官学より200名を越える参加者があった。
2.技術指導及び技術相談
 ナノガラス技術、三次元光デバイス製造技術等の普及及び関連技術研究者・技術者等の人材育成、人的ネットワークの構築を目的として実施した総合シンポジウム、公開セミナー、出前講義などの人材育成活動、ならびに基礎的・派生的研究の成果についての特許出願や新聞発表による情報発信により、多くの問合せや技術相談があり、技術交流を促進した。平成19年度から21年度までの指導・相談件数は、55件、86件、72件であった。
(3)ナノガラス技術、三次元光デバイス製造技術等に関する研究開発
 「ナノガラス技術」、「三次元光デバイス高効率製造技術」に関連した基礎的・派生的研究を実施し、学会や論文での発表、特許出願を行った。(講演・口頭発表105件、論文84件、特許12件)
英文要約“Kyoto University NEDO Integrated Photonics Laboratory” was opened as a model project of the human resources development and science and technology exchange promotion. In this project, we aim at the developments of human resources and technologies by the effective utilization of research achievements of NEDO projects. Especially, our purpose is the construction of networks for human resources and research results based on NEDO projects of “Nano-glass Technology” and “High-efficiency Processing Technology for Three-dimensional Optical Devices”. We not only conducted fundamental and interdisciplinary investigations coordinating with companies, but also cultivated human resources through lectures, problem-solving activity, and seminars.
1. Cultivation of human resources relating to “Nano-glass Technology” and “High-efficiency Processing Technology for Three-dimensional Optical Devices”
(1) Open lectures
We have opened three series of lectures focused on “the modern analytical techniques”, “the practical training of analytical instrumentation”, and “the computational material science” regarding nano-glass and three-dimensional optical device technologies every month. A total of 31 lectures have been held from 2006 to 2009, and we have attracted over 40 attendees in every lecture. Until now, a total of 170 organizations (industry: 136, government: 15, and academia: 19) participated in the open lectures.
(2) Lecture for students
We have given a public lecture titled “Introduction to Nanotechnology” and lectures of two subjects (“Advanced Electronic Materials” and “Inorganic Material Chemistry”) for the master's and doctor’s course students.
(3) Delivery lecture
From 2006 to 2009, we have given a total of 13 delivery-lectures for engineers in private company, regarding “Nano-glass Technology” and “High-efficiency Processing Technology for Three-dimensional Optical Devices”.
2. Construction of research networks and promotion of personnel exchanges
(1) Symposium of NEDO integrated photonics laboratory
In order to construct networks for human resources and to introduce the research achievement of NEDO projects, we have annually held a “Symposium of NEDO integrated photonics laboratory”. In every symposium, over 200 participants have attended.
(2) Technical assistance and support
We have promoted the personnel exchanges between industry, government, and academia through the technical assistance and support. From 2007to 2009, the total number of inquiries were 55, 86, and 72, respectively.
(3) Fundamental and interdisciplinary investigations
We carried out research investigations relating to “Nano-glass Technology” and “High-efficiency Processing Technology for Three-dimensional Optical Devices”. We have successfully released the technical information through the conference presentation, the submission of paper, and the application of patent. The total numbers of presentation, paper and patent were 105, 84, and 12, respectively.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る