成果報告書詳細
管理番号20100000001802
タイトル平成19年度~平成21年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/蛋白質立体構造解析NEDO特別講座/構造生物学講座
公開日2011/6/29
報告書年度2007 - 2009
委託先名京都大学
プロジェクト番号P06046
部署名総務企画部
和文要約本事業では、NEDOプロジェクト「生体高分子立体構造情報解析」並びに「創薬加速に向けたタンパク質構造解析基盤技術開発」の成果の普及と活用を目的として、大学に「蛋白質立体構造解析NEDO特別講座」を設置し、当該プロジェクトに係わる周辺研究を実施しつつ、成果を活用できる人材の育成と人的交流をはかった。
京都大学においては、構造生物学に関する蛋白質構造解析技術を基幹技術に据え, 講義・実習を通じて実際の技術習得の機会を提供して人材育成を行うとともに共同講義・シンポジウムを開催し人的交流を推進した。講義・実習ではのべ196名、共同講義・シンポジウムでは433名の参加者を得るなど、多数の人材の育成を行うことができ、また周辺研究として基幹技術に関連する基礎研究を展開して多くの学術成果を得るなど、所定の成果を得ることができた。
英文要約NEDO research projects, “Structural Proteomics Project (2002-2006)” and “Development of Basic Technology for Protein Structure Analysis Aimed at Acceleration of Drug Discovery Research (2007-2011)”, have been developing basic technologies such as electron microscopical technique, nuclear magnetic resonance analysis method, and in silico screening means for efficient drug discovery. For encouraging widespread use of the research and development results of the projects, NEDO has been managing “NEDO Special Laboratories” that are to run “NEDO Special Courses” about the developed technologies to train personnel of pharmaceutical industry on Kyoto University, the University of Tokyo, and Osaka University since 2007. “NEDO Special Courses” offer symposiums as well as lectures and lab courses, expecting participants of intercommunicating and getting innovative ideas.
Kyoto University has been running “NEDO Special Courses” about electron microscopical technique. In 2007-2009 it had a total of 196 participants in the lectures and lab courses and 433 attendees on symposiums on drug discovery research, which leaves nothing to be desired.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る